2013年3月29日金曜日

ティーザー:Freljordを旅する4

Surrender at 20: Journey Into The Freljord IV - The Frostguardより。
Quinnのスケッチに、ついにLissandraその人が登場! ちょっとこれは控えめに言ってもBB(ぐちゃっ
その1その2その3→その4(この記事)



東Freljord、Frostguardの街 
私は正直、この旅を侮っていた。雪と氷に覆われた地形は旅路を阻み、前方を偵察してもらおうにもValはこの寒さで飛ぶのが難しい状況だった。食糧が尽きる間際になって、私たちはようやくFrostguardの街に辿り着いたが、部族の人々は私たちをAsheの協力者として暖かく歓待してくれた。
この場所は、Avarosan野営地や、移動し続けるSejuaniの軍隊のようなものではない。この街は太古から存在するようにも、新しく造られたようにも見える。黒い石材でできた建物は明らかに古く、氷河の壁を上へ上へと続いている。一体どのようにして建てられたのだろう?
Frostguardの指導者であるLissandraは、上品な話し方をする優雅な女性であり、女王の物腰と貫祿を備えていた。彼女を見ていると、Freljordの蛮族たちよりもDemaciaの貴族たちを思い出す──だからこそ、Valも彼女を好かないのだろう。

その後、Frostguardの街にて 
私たちはDemaciaの公式使節としてのもてなしを受けたが、何かがおかしかった。LissandraはAsheとの同盟について少しだけ話してくれた。私はトロールの脅威について彼女に尋ねたのだが、彼女は誇張された物事だと思っていた。Frostguardは東Freljordからトロールを一掃できるとLissandraは言ったが、それが本当だとしたら、なぜ彼女はトロールに反撃の手を打たなかったのだろうか? 私が氷の魔女について話すと、それはおとぎ話を噂と間違えたのだろう、と一蹴された。 
Frostguardは常に私たちを護衛しており、私たちはある街の一角を見ることを許されなかった。私たちに知られたくないものは一体何なのだろう?
もし秘密があるのなら、私はそれを探ろうと思う。Valと私で、夜にこの街を調べる。私たちが街区を離れたことは、護衛たちにはわからないだろう。

夜、Frostguardの街 
ここはおかしい。 
Valが上空を旋回する下で、私は街を這い進んだ。この場所は夜になっても変だ。ここの建物の多くには、凝視する開いた目のシンボルが刻まれている。至る所にこのシンボルがあり、街とそこに暮らす人々を監視しているようだ。じろじろと見られるのは好きではない。 
私たちは深Frostguardの集団を発見した。彼らは巨大な石を囲む円陣を組んでひざまずき、奇妙な言葉でそれを崇め奉っていた。Frostguardは何かを隠している──Avarosanとの同盟よりも明らかに大事なものを、だ。彼らは何をしようとしているのだろうか? 
見られているという感覚に、私は震えを止められなかった。危険だ。Valと私は立ち去った──ただちに。

0 コメント :

コメントを投稿