2013年3月29日金曜日

和訳:2013年3月度Solo Queue Heroes


"Solo Queue Heroes, March 2013" by Oldmaneyebrows @ Reign of Gamingより。ちょっと気になったので翻訳してみました。すごく適当な翻訳ですがご容赦ください。



2013年3月度のSolo Queue Heroesへようこそ! 今月は何が起こった?! 誰が台頭した? 誰が表舞台を去った? 誰がヒーローで居続けている?


新たなヒーロー

Nasus

GustafがNasusに言及するのを忘れていて、Nasusはgapcloser(訳注:間合いを詰める能力を持っていること)じゃなくてデザインが古い、デザインの古いチャンピオンはずーっとOPか(Alistarみたいにナーフされない限りは)、変な使われ方をされるか(Master Yi)で、Nasusは永遠に忘れ去られるだろう、と何人かのRoGの運営メンバーが頷きあっていたのを思い出す。

その分類は正しくて、RiotはNasusがゲームに戻ってこられるようにとバフをし、今や彼はジャングラーとしてもtopとしても人気がある。彼はタダでLifestealを持ってスタートできるのを覚えているかい? ファッティ(訳注:デブという意味だが、ここではヘルスが高いことを指している)のメタと戦闘中に長くラストヒットを取ることにおいては、Nasusは輝きだしてるし、ずーっと昔からのファンが彼の地位を押し上げている。よかったね。

彼の声優はもう声を当てることはできない。でも、彼の中にずっと生きている。
(訳注:Nasusの声優である Eugene McDaniels氏は2011年に亡くなっている)

Janna

Zekentのような配信者たちが、WをスパムするだけのAPビルドを披露しているが、彼女はバッファとなるシールドを持っているはずだ。S3では、最初にWを取ってUtilityに21ポイント振れば、WのCDが終わっていれば常に400もの移動速度で移動できる。ブーツなしでだ。

Riotが彼女をゲームに戻したいと思っているので、彼女は微妙にバフされもした。なあ、彼女は戻ってこれるぜ。

チームメイトを納得させられるなら、midやtopに行ってもいいだろう。楽しくね。

Rammus

冗談抜きで、こいつはとんでもないgankを決められるし、一緒にプレイするチームメイトを集めるのにもいい。集団戦でもgankでも、Rammusはみんながついて行こうと思うタンクだ。こいつがどれだけタフか知っていれば、味方を引き剥がしに来るのがわかる。Rammusプレイヤーこそが引き剥がしに来る。

こいつの能力はsolo queueでもすごく良くて、Liandry'sを積むかARを重ねるかすればダメージだって出せる。サカリのついたRammus野郎よ、タワーを焼き払ってしまえよ。

Kennen

私は何があったのかを知らないが、彼を使う人がまた増えている。クレイジーなgap-closing能力があってWarmogを積んだ阿呆の顔がにんまりと緩みきったところで、このスーパー機動力野郎がtop、mid 、時々bottomに帰って来た。帰って来たんだ。

Brand

Liandry'sとRylai'sと4つのダメージスペルは集団戦をしている時間を引き延ばせる。Brandは全てを薙ぎ払い、他の味方が食べやすいようにした敵をどんどん作って行ける。midをやるなら9/0/21がベターなマスタリー構成。また、今なら紫ルーンに2つか3つのMSルーンをぶち込んで、反撃されない距離からポークしてやれ。

Sona

彼女を見る機会が増えてきた。これについて私は、カジュアルプレイではDraven、MF、Twitchが増えたことで、Sonaのultとダメージ上昇の価値が上がったのではないかと思う。

Zyra

上に同じく。さらに、Warmogを積んだgap-closerが減ったので、彼女は死ににくくなった。

WuKong

こいつはmidでは最高で、クソだ。敵チームの1人か2人を簡単にぶっ飛ばせる。Hecarim、Volibear、Xin Zhao、それに上記のサポートとADキャリーのペアとよく合う。


さようなら

Nidalee

なんつーナーフだ! これは「凄腕プレイヤーのゲームからいいプレイヤーを分離」してしまうという種類のナーフだ。彼女を単純に上手くプレイすることは、もうナーフから切り離されない。彼女でtopをプレイする、特にADをやろうとするのは間違いだ。もうAP midしかできない。それでも、彼女には槍があるが──ARとMRがなくなってしまえば、簡単なキャラじゃないってことだ。

Garen

なんて単純なバフ。以前あった例と似ている。Garenは集団戦では活躍しないし、乏しいCCを補うため敵を追い込む時しかレーンプッシュをしない。どういうビルドをしたっていいが、今はきっちりとしたビルドをして上手くプレイすることだ。そうした上での幸運を祈る。

Tryndamere

まだAPはできないことはないが、私はしないね。APのターンが終わってホッとしたよ。

Vi

彼女をbanするのはやめろ。不精なViプレイヤーはたくさんいて、こいつらはultを撃つか死ぬかしかしないで適当にやって勝ってきた。彼女はもうそんなに強くない。


変わらず


Taric, Kayle, MF, Singed, Hecarim, Voli, Jarv, Twitch, Draven, Akali, Amumu, TF, Xin Zhao, Kassadin

先月に言及しなかった、長くこのリストに居続け、かつ最新のリストに入れる必要のあるチャンピオンをここに入れた。私はこの新しい書式に慣れてはいないが、できる限り続けていこうと思っている。

JarvanとXinのナーフは十分な効果がなかった。少し弱くなったものの、未だに強チャンプの一角だ。Akaliのナーフが予告されているが、まだ弱いとは言えないし、パッシブのリワークでけっこう幸せになれたよね。

何人かのADキャリーについては既に述べた。特に変わってはいない。

Singedは相変わらずだ。確かにナーフはあったが、チームとして彼が失速したり、ファームしたり、クソになったり、プッシュしたり、やって欲しいときにCCを重ねたり(今はこれが有効だが、まだえらく手間で……おまけに突っ込んでくる)といった点を解決する術は未だにない。

Taric、Kayle、Hecarim、Volibear、Amumu、Kassadin、TFについては特に説明はいらないだろう?


他に入れるべきチャンプは誰かな? あるあるって思うことはあった? コメントでぜひ教えてほしい。

じゃあね
Old Man Eyebrows

今週の眉毛:

0 コメント :

コメントを投稿