2014年10月8日水曜日

新ストーリー:Sion, the Undead Juggernaut

Sionのリメイク、もうすぐですね! 少し遅れてしまいましたが、新しくなったストーリーの訳をお届けします!


BLOOD.
血。

SMELL IT.
血の匂いだ。

WANT. ACHING. NEED!
欲しい。疼くんだ。必要なんだ!

CLOSE NOW. THEY COME.
さあ近いぞ。もうすぐだ。

NO CHAINS? FREE! KILL!
枷はない? 自由だ! 殺るぞ!

IN REACH. YES! DIE! DIE!
手が届く。そうだ!死ね!死ね!

Gone. Too quick. No fight. More. I want... more.
終わった。速過ぎる。戦いなんてなかった。もっと。もっと……欲しい。

A voice? Unfamiliar. I see him. The Grand General. My general.
声が聞こえる。知らない声だ。あいつだ。Grand General。俺の将軍。

He leads. I follow. Marching. To where? I should know. I can't remember.
彼は示してくれた。俺は従った。征くんだ。どこへだ? わかっていたはずだ。思い出せない。

It all bleeds together. Does it matter? Noxus conquers. The rest? Trivial. So long... since I've tasted victory.
皆殺しだ。別にいいだろう? Noxusは征服者だ。残り? つまらんものだ。ずいぶんと経った……俺が勝利の味を知ってから。

The war wagon rocks. Rattles. A cramped cage. Pointless ceremony. The waiting. Maddening. Faster, dogs!
装甲馬車が揺れる。ガタゴトと。狭苦しい檻だ。無意味に仰々しい。待機。イライラする。はやく、はやくしろ!

There. Banners. Demacians and their walls. Cowards. Their gates will shatter. Thoughts of the massacre come easily.
着いた。立ち並ぶ軍旗。Demacia人と奴らの防壁。臆病者どもめ。奴らの門は閉まるだろう。大虐殺はすぐそこだ。

Who gave the order to halt? The underlings don't answer. No familiar faces. If I do not remember, neither will history.
停止命令なんぞ出したのは誰だ? 部下どもは答えない。知った顔はいない。思い出せないのなら、そういうことなのだろう。

The cage is opened. Finally! No more waiting. WE CHARGE!
檻の扉が開く。やっとだ! もう待つことはない。突撃!

Slings and arrows? The weapons of children! Their walls will not save them!
投石に矢? 子供の武器だな! 奴らの防壁は護りの内にも入らん!

I can taste their fear. They shrink at every blow as their barricades splinter. SOON!
奴らの恐怖を味わえる。奴らは一撃ごとに壁が裂けるのを見て、震え上がるのだ。すぐに!

Noxian drums. Demacian screams. Glory isn't accolades; glory is hot blood on your hands! This is life!
Noxusの突撃太鼓。Demacia人の悲鳴。栄光とは称賛されることではない……栄光とは、その手に、温かな血を浴びることだ! これが生きるということだ!

A thousand shattered corpses lie at my feet, and Demacian homes burn all around me. It's over too quickly! Just one more...
おれの足元には無数の屍、周りにあるDemacia人の家々は全て燃えている。あっけなさすぎる! もうひとりくらい……

The men stare. There's fear in their eyes. If they're afraid to look upon victory, I should pluck those craven eyes out. There is no fear in the Grand General's eyes, only approval. He is pleased with this conquest.
兵隊たちはおれをじっと見つめていた。彼らの目には恐怖があった。勝利を得る様子を見るのが怖いのであれば、連中の臆病な目ン玉を引っこ抜いてやらにゃあならん。Grand Generalの目には恐怖ななどなく、ただ称賛があった。彼はこの征服の結果に満足していた。

Walking the field with the Grand General, surveying the carnage, I ache for another foe. He is hobbled, a leg wound from the battle? If it pains him, he does not show it. A true Noxian. I do not like his pet, though; it picks over the dead, having earned nothing. His war hounds were more fitting company.
Grand Generalとともに戦場を歩き、大虐殺を見渡しつつ、おれは別の敵にイライラしていた。彼は片足を引いて歩いていたが、その足は戦いでの負傷だろうか? その傷が痛むとしても、彼はそれを見せない。真のNoxus人だ。おれは彼のペットではないが。死人をよく調べても、得るものは何もない。彼の子飼いたちは、仲間というのが相応しかった。

Demacia will be within our grasp soon. I can feel it. I am ready to march. The Grand General insists that I rest. How can I rest when my enemies still live?
我々がDemaciaを握り潰すのはもうすぐだ。おれはそう感じる。進軍の準備はできている。Grand Generalは休めと仰るが。敵がまだ生きているのに、どうやって休めというんだ?

Why do we mill about? The waiting eats at me. I'm left to my own devices. The bird watches. It's unsettling. Were it anyone else's, I would crush it.
なぜ動き回るか? 待機はおれを蝕むんだ。おれは、自分自身を道具だと思っている。鳥が見ている。落ち着かない。他に誰かいるのなら、ぶっ潰す。

Fatigue sets in. I've never felt so... tired.
疲れ始めている。おれがそんなことを感じるはずが……疲れた。

Boram? Is that you? What are you whispering?
Boram? お前なのか? 何を囁いているんだ?

Where am I?
おれがいるのは、どこだ?

Captured? Kenneled like some dog. How?
繋がれた? 犬のように飼われて? どうやって?

There was... the battle, the razing of the fortress, the quiet of the aftermath. Were we ambushed? I can't remember.
戦いが……あった。砦を完全に破壊した、その後の静寂が。おれたちは待ち伏せされたのか? 思い出せない。

I was wounded. I can feel the ragged gash... but no pain. They thought me dead. Now, I am their prize. Fate is laughing. I will not be caged! They will regret sparing me.
おれは傷ついていた。ボロボロに傷ついているのがわかった……が、痛みはなかった。奴らはおれが死んだとと思っていた。おれは奴らの武勲だと。破滅が始まった。おれは飼われてなどいない! おれを無視したことを、奴らは後悔するだろう。

Demacian worms! They parrot kind words, but they are ruthless all the same. This place is a dank pit. They bring no food. There is no torture. They do not make a show of me. I am left to rot.
Demacia人のウジ虫よ! 奴らは優しい言葉をオウムのように繰り返すが、やはり冷酷な連中だ。ここは暗くじめじめとした場所だ。奴らは食べ物も持ってこない。ここに未来はない。奴らではおれの力の一片も見せられない。おれは腐るだけだ。

I remember my finest hour. I held a king by his throat and felt the final beat of his heart through my tightening grasp. I don't remember letting go. Is this your vengeance, Jarvan?
おれは頂点にいた頃を思い出す。おれは王の首を締め、やつの心臓の最後の鼓動の感触を、掌で味わっていた。その後どうしたのか、思い出せない。Jarvanよ、これはお前の復讐なのか?

I hear the triumphal march. Boots on stone. Faint, through the dungeon walls. The cadence of Noxian drums. I shall be free. Demacian blood will run in the streets!
凱旋の音が聞こえる。石畳を叩くブーツの足音。地下牢の壁を通して、かすかに。Noxusの太鼓のリズム。おれは自由になる。Demacia人の血を街路に垂れ流してやる!

No one came. I heard no struggle. No retreat. Did I imagine it?
誰も来なかった。戦いはなかったと聞いた。撤退もない。想像できたか?

There is no aching in this stump. I barely noticed the iron boot. It's caked in rust.
この切れ端に未練などない。鉄靴にやっと気づいたくらいだ。それは分厚い錆に覆われている。

When did I lose my leg?
おれが、脚を失ったのは、いつのことだ?

I still smell the blood. Battle. It brings comfort.
まだ、血の匂いがする。戦い。おれを満足させてくれる。

The hunger gnaws. I have not slept. Time crawls. So tired.
飢えがおれを苦しめる。眠れたことなどない。時間はのろのろと過ぎる。もう、疲れた。

How long?
どのくらい経った?

So dark. This pit. I remember. Grand General. His whispering. What was it?
暗い。この穴は。おれは思い出す。Grand General。彼の囁きを。あれは、何だったんだ?

Not who I think.
おれが考えていた者ではない。

Fading. Mustn't forget.
薄れる。忘れてはならない。

Message. Cut. Remember.
メッセージ。途切れた。思い出せ。

''SION – Beware ravens.''
「Sionよ──鴉に用心せよ」

FREE ME!
おれを出してくれ!

BLOOD.
血。


情報元
Surrender at 20: 9/25 PBE Update: Sion Update, Brand/Evelynn/Nocturne/Olaf texture rebalancing, 2014 Championship Ward, and more!

また、Sionに関してはほぼ新規チャンピオン扱いで、告知とプロモサイトも作られております。拙訳になりますが、以下の内容もぜひご覧ください。

0 コメント :

コメントを投稿