2014年8月4日月曜日

ストーリー:Gnar, the Missing Link

「GnarのLore来ないな~」なんてのんびりしていたら、とっくに出ていました……。出遅れてしまいましたが、新チャンピオン・Gnarのストーリーを紹介いたしますね!


The jungle does not forgive blindness. Every broken branch tells a story.
ジャングルは盲目の者を許しはしない。折れた枝全てが、それぞれの物語を語ってくれるのだ。

I've hunted every creature this jungle has to offer. I was certain there were no challenges left here, but now there is something new. Each track is the size of a tusklord; its claws like scimitars. It could rend a man in half. Finally, worthy prey.
俺はこのジャングルに住む生き物なら全て狩ってきた。俺にとってここで難しいことはないって自信を持って言えるが、どうやら何か知らないものが来ているらしい。足跡は全部、大型の肉食獣の大きさだ……偃月刀のような爪が生えてる。人一人を真っ二つにできるだろう。つまり、すげえ獲物だってことだ。

As I stalk my prize through the jungle, I begin to see the damage this thing has wrought. I step into a misshapen circle of splintered trees. These giant wooden sentinels have stood over this land for countless ages, their iron-like hides untouched by the flimsy axes of anyone foolish enough to attempt to cut them down. This thing brushed them aside like they were twigs.
ジャングルの中を、獲物を追って歩いて行くと、だんだんとこいつが荒らした痕跡が目につくようになってきた。引き裂かれた木で囲まれてぐちゃぐちゃに荒らされた場所に、俺は足を踏み入れた。このでかい木たちは、いつからかわからないほどの昔からここに立っていて、連中の鋼のような表皮は、薄っぺらい刃の斧なんか全く寄せ付けないから、切り倒すことなんて到底出来なかった。そいつは、まるで小枝みたいに、この木をなぎ倒していったんだ。

How can a creature with this level of strength disappear so easily? And yet, even though it has left this unmistakable trail of destruction, I have been unable to lay my eye upon it. How can it appear like a hurricane then fade into the jungle like the morning mist?
そんなに力の強い生き物が、どうやったらこんなに簡単に消えてしまうんだ? それに、どこを見渡しても、見間違えようのない破壊の痕跡さえを残しているんだ。ハリケーンみたいに暴れてから、ジャングルの朝霧の中に姿を消してしまうなんて、一体どうやったらできるっていうんだ?

I thrill in anticipation of finally standing before this creature. It will make a tremendous trophy.
ついにこの生き物の前に立てるという期待に、俺はワクワクしていたね。そりゃあもう、とんでもない獲物だろう、って。

Passing through the clearing, I follow the sound of a stream to get my bearings once more. There I see a small shock of orange fur, crouching, waiting. I spy on it from a distance. A tiny fish splashes out of the stream and the creature scrambles for it, diving gleefully into the rushing water. To my joy, I realize it's a yordle. And a hunter, at that!
何もない場所を横切りつつ、俺はもう一度、自分の位置を確認するために小川の音のする方へと歩いて行ったんだ。するとそこには、小さくてもじゃもじゃしたオレンジ色の毛玉が、しゃがんで、じっとしてたんだ。俺は距離を取りつつ、そいつの様子をうかがった。小さな魚が小川で跳ねると、そいつはそれを取ろうとして、大喜びで水に飛び込んでいった。なんだ、Yordleか。あと、狩人である俺。

This is a good omen. The beast will be found. Nothing will escape me.
こいつぁいい兆候だ。獲物は見つかるさ。逃げる理由なんてない。

The yordle's large ears perk up and face towards me. He runs on all fours with a bone boomerang in hand, quickly stopping in front of me. He babbles.
そのYordleの大きな耳が元気に動いて、俺の方に顔を向けた。彼は大きなブーメランを手に持ったまま、四つん這いで走ってきて、俺の前でぴたっと止まった。で、変な片言で喋りだした。

I nod in appreciation at the young yordle and venture onwards. I traverse the difficult terrain with ease, trying to pick up any sign of my quarry. As I try to pick up his scent, a distraction. I'm startled by strange chittering. The yordle followed me. I cannot allow him to disrupt my hunt. I face him and point into the distance. He looks at me quizzically. I need to be more insistent, good omen or no.
俺はこの年若いYordleに会釈して、前に進むことにした。俺は難しい地形をやすやすと通り、獲物の残した痕跡を見つけようとした。やつの手がかりを見つけようとすると、決まってそこは荒らされていた。俺は、おかしな鳴き声にびっくりして跳び上がった。Yordleがついて来ていたんだ。彼に狩りを邪魔されたくはなかった。俺は彼に向き直って、離れた場所を指で示した。彼は首を傾げて俺を見た。それ以上言うことはなかった、いい兆候であろうと、なかろうと。

I rear back and let out a roar, the wind whipping the yordle's fur and the ground rumbling beneath us. After a few short seconds, he turns his head and, with what I think could be a smile, he holds up his small boomerang. There can be no further delay. I snatch the weapon out of his hand and expertly throw it into a tree, impaling it high amongst the branches. He turns and scrambles for it, jumping frantically.
彼の後ろに立って大声で脅かすと、強い風がYordleの毛皮と俺たちの立っている地面に吹き付けた。数秒後、彼は振り返って、おそらくは笑顔だと思うんだが、そんな顔で小さなブーメランを掲げた。もう一刻の遅れも許されない。俺は彼の手からその武器をひったくると、木に向かって、高い枝の間を貫くように上手く投げ上げた。彼はそれを見て、半狂乱になって飛び跳ねながらそれを取りに駆けて行った。

I barely get ten paces when a roar shakes me to my very spine. The deafening crack of stone and wood echoes all around. Ahead, a giant tree crashes across my path. The bone weapon of the yordle juts out from its trunk.
咆哮が俺の背中をひどく震わせた時、俺はそこからかろうじて10歩歩いたところだった。耳をつんざくような、岩と木が割れる音がそこら中に響き渡った。前方の、大きな木が砕けて俺の道を塞いだ。Yordleの骨製の武器が、その幹に突き刺さっていた。

An unearthly growl rises behind me.
背後からは、恐ろしい唸り声が聞こえてくる。

I've made a terrible mistake.
とんでもない間違いを犯したのは、俺だったんだ。

情報元Surrender at 20: 7/29 PBE Update - Gnar, Dino Gnar, Arcade MF, Riot Kayle

0 コメント :

コメントを投稿