2014年5月15日木曜日

Braum Q&A 概要(前編)

新チャンピオン・Braumの実装に当たり、5月6日に行われたQ&Aの概要訳をお届けします!(いくつかの内容が重複する質問は省略しています)

非常に量が多いので、前後編に分けております。前編はゲームプレイ部分の訳となります。後編はArt & SoundおよびCreativeの訳を予定しています。

(5/27追記)後編の訳が終わりました! こちらになります。


ゲームプレイ


RiotWrekz氏RiotRepertoir氏Griftrix氏による回答

Q. 彼がサポート以外に行けるポジションはあると考えている?
「Braumは大部分が防御的にデザインされていて、彼のいるレーンに他のチャンピオンがいることで大きな利益をもたらす。これらの要素は、彼をより自然にサポートという役割に適合させる。他のレーンに行っても成功できるとはとても信じられないし、行ったとすれば、それは適切なバランスが取れていないという兆候だろうね」 - RiotWrekz

Q. このチャンピオンの難しさを表現するとしたら、一番相応しいのはどんな表現?
「一部のプレイヤーにとって、Braumをピックするのは恐ろしく難しいかもしれない。最近リリースされたチャンピオンのほとんどは、非常に攻撃的なパターンが強調されているけれど、Braumが堅実に成功するレーニングパターンはほとんど、ほとんどのチャンピオンよりも防御的になるだろう。
レーニング以外では、位置取りを危険に晒すことなく近くの敵全てにパッシブをつけ始めること、それにEの持続時間を上手く使うことを学べば、Braumのプレイヤーはもっと成功し、もっと強力だと感じるようになるだろう」 - RiotRepertoir

Q. Thresh・Leona・Morganaが存在する現在のメタで、彼はどのようにプレイされると考えているのか? 彼の壁はThreshのQやLeonaのEのようなものをブロックできる?
「BraumのUnbreakableは、彼に向かって飛んでくる攻撃のダメージを減少するが、CCは受けてしまう。ThreshのQは彼を引っ掛けてスタンさせるし、MorganaのQも同様に彼をスネアさせるということだ。とは言うものの、BraumはThreshとLeonaに対しては良いマッチアップになるだろう。彼はall-inに対しては強い傾向があって、pokeのあるマッチアップについては弱い方だからだ」 - RiotWrekz

Q. 基本的に、Leonaのようなビルドを行えばいい? つまり、Leonaは最初にワードをいくらか買った後、防御的アイテムを買い進めるってことなんだけれども。同じコンセプトだと思う。違うかな?
「私たちが見出した一番効果的なビルドは、Sightstoneを購入した後、CDRと防御的アイテムを買うというビルドだ。彼のrecommended itemは、私たちが彼に効果的だと判断したものが反映されているよ」 - RiotWrekz

Q. BraumのQは通常攻撃タイマーをリセットする?
「しない。直線状の方向指定スキルで、追加効果として強力なスローとパッシブをつけるだけだ」 - RiotRepertoir

Q. 彼の盾は飛来物をブロックして、彼に当たるようにするけれど、Sonaのultのようなものが当たったら何が起こるの? 彼の盾はYasuoの壁と同じ働きをするなら、ブロックして彼がスタンするのか、それともultに当たったチームメイト全員がスタンするの?
「前者のようになる。Sonaのultimateのように通り抜ける飛来物では、スキルはBraumのEの盾を打ち、Braumに効果を及ぼすけれど(Crescendoの場合、ダメージとスタン)、彼の背後にいる味方は、誰一人としてダメージとスタンを受けない」 - RiotRepertoir

Q. 移動するスキルを持つチャンピオン(すなわちJax、Lee Sin、Malphite)にStand Behind Meを使った時、Braumは対象のチャンピオンの後を追って移動するの? それともgap closeスキルを使う寸前の場所に留まるの?
「BraumはWを押した瞬間の場所に移動する。基本的に、Leap Strike(JaxのQ)に近く、Resonating Strike(Lee Sinの2回目のQ)には似ていない」 - RiotRepertoir

Q. Braumのように「Stand Behind Me」で守護者となる、こういうチャンピオンを待ち望んでいたんだけど、彼のスキル構成についていくつか質問があります。
1. Unbreakableは当たったもののダメージをブロックするけれど、その効果はそのまま?(たとえばVel'Kozのultでパッシブはつくのか?)
2. Unbreakableの「当たり判定」は、Braumの幅よりも大きい?
3. BraumのultimateはUnbreakableをキャンセルする?
4. 1点~Poro点で評価するなら、Braumの素晴らしさは何点?
「やあ! 順番に質問に答えていくよ。
1. そう、BraumのUnbreakableで止まったものは、効果は残るので(ダメージは減る)、Vel'Kozのパッシブは適用されることになるね。
2. うん、利用されやすいように、味方のためにブロックするというゲームプレイが大事なんだ。
3. いいや、Unbreakableを起動したまま、全てのスキルを使うことができるよ。
4. Poro点だね。僕は彼について長い間作業してきて、彼が世に出るのがとっても楽しみなんだ。最新のチャンピオン追加を、みんなが心から楽しんでくれるといいな。」 - RiotWrekz

Q. Vel'Kozのultについてもう少し聞きたいんだけど、例としてYasuoのWind WallはVel'Kozのultを止められない、それは移動時間のある飛来物じゃないからだ。Vel'KozのultがUnbreakableで止まるのなら、LuxのultやXerathのQだってUnbreakableで止められる可能性があると思う。実際はどうなの?
「BraumはUnbreakableの方向から来る全てのダメージを軽減する。Wind Wallお通過するレーザー能力(LuxのR、Vel'KozのRなど)もUnbreakableを通過するけれど、それらからのダメージは軽減対象になる」 - RiotWrekz

Q. Braumがチームにいる場合、他のチームメイトは何を考慮する必要があるの? 彼のスキルの効果を最も発揮させるためには、どうすればいい?
「多くのBraumプレイ経験と、Braumの傍らでのプレイ経験をここ数ヶ月に渡って積んできたけど、Braumのいるチームで成功する方法は、彼のパッシブとEを活用することだというのがわかった。
Braumといっしょにいること、いっしょに敵へ通常攻撃をすることで、たくさんの戦いの結果をいい方向に変えることができる。Braumのパッシブは、通常攻撃4回で敵をスタンさせるからだ。
さらに、Unbreakable(E)は味方を対象とするダメージをBraumで受け止めるので、ヘルスが低くてもBraumの後ろについていれば、彼がEを使っている間は敵が自分を殺すのはちょっと難しいだろうね」 -RiotRepertoir

Q. PBEを見ていると、彼は非常に強いように思う。彼が活用されるのは、poke/siege構成に対してだけではないかと思っている。この考えについて、また彼がDiveチャンピオンに対しても上手く防御に回れるかどうか、聞かせてほしい。
「私の最初の印象も実際には同じだったけれど、何回かプレイしてみた後、多くのタンクとファイターに対して、彼が本当にとても効果的だということに気づき始めた。
非常に素早い出入りができる、アサシンタイプのチャンピオン(LeBlanc、Zed、試合終盤のKassadin)に対しては、彼は特に強いわけではない。でも、そこに居座り、相手を3秒間以上殴らなければ有効でないメレーチャンピオンに対しては、とても良い仕事ができる。そこに居続ける時間は、パッシブでスタンを発生させるのに十分な長さだからだ」 - RiotRepertoir

Q. 最近の攻撃的サポートたち全員を見ていたので、Braumのようなチャンピオンがリリースされて驚いた。僕からすると、彼は新しいサポートのメタ(敵の矢面に立つこと)を強化する存在に思える。これは意図的なものなのか? これは、サポートという役割であなたたちが目指そうとしている方向なのか?
「私は、Braumが特定のメタへの反応であるとはそんなに思っていない。LoLに対し、全く存在していないキャラクタータイプを見極め、追加したキャラクターだからだ──彼は最後の最後まで君を護る、確固たる盾だ」 - RiotRepertoir

Q. Braumをジャングルに行かせたいというプレイヤーたちのことを聞いたことがあるんだけど、もしこれが可能なら、彼はどんなタイプのジャングラーになると思う? 彼独自のジャングルスタイルは、そのスキル構成からどんなふうになると思う?
「Braumのジャングルを回るスピードがけっこう遅く、それで彼が劣勢になり過ぎなければ、彼は実際にとても有効なジャングラーになると思う。とは言うものの、現在は与ダメージに秀でるジャングラーが主流を占めていて、BraumはNautilusやMaokaiといったユーティリティースタイルのジャングラーになると思うので、そんなに見かけることはないんじゃないかな」 - RiotRepertoir

Q. ゲームプレイ - ダメージについて:Braumのスキルのダメージスケールは非常に限定されている(つまり、通常スキルにはAD/APレートがないということ)ということに気づいたんだけど、独特のスケールを採用するに当たって、QにAPレートをつけるといったことは実際には有害だと証明されたのか、それともBraumの強力さに必要なトレードオフと見なされたのか、どちらでしょうか? あと、ヘルスを上げるビルドが奨励されている時、レートでダメージを上げることはほぼ無視されているのに、Winter's Biteには微妙なヘルスレートすらついている理由は?
開発 - Braumのultimateについて:Braumのultについては、どんなテストを行ったんですか? 現在のGlacial Fissureになった過程は? PQWEは同じ場所でいっしょに使うように見えますが、ultだけそうなってはいないようです(必ずしも悪い意味ではなく──彼の他のスキルとは少し違う視野で作られているように見えるんです)。
ダメージについて:ダメージに関しては、最初から私たちの目標は、真の守護戦士を作ることだった。結果的には、アクティブなレーニングフェーズを持てるよう、正当な/競技的なダメージを彼に持たせたいと思ったが、中盤~終盤にダメージを出す脅威にはしたくないとも思った。彼は防御とユーティリティーのスケールが極めて強く、それは彼のタンキーさと持っているCCに拠っている。もし彼に相当なダメージを出す能力も備わっていれば、彼はすぐに、単独でダイブするだけの機械になってしまうだろう。私はプレイヤーたちに、APビルドへの誘導を作りたくなかったんだ。彼が有効に働くには、防御的なアイテムが必要不可欠だと感じていたからだ。なので、試合の進行に応じて少しダメージを上げるため、Qにいくらかのヘルスレートをつけるのは当然だと感じた。最終的に、それによってみんながタンキーなアイテムでビルドするのが良いと感じられるようになった!
Braumのultについて:Braumはultimateによって多くのことを行う。第一に、優れた交戦拒否能力およびpeel能力に焦点を当てた。しばらくの間影響のあるものは、遅れて連鎖するノックバック/ノックアップの類だ。多くの理由から、それらはこのキャラクターでは結局上手く行かなかったが、その第一の理由は、彼の基本的なCC能力(パッシブ)は時間がかかるために、多様な使い道に欠けるultimateを持たせると、本当に厳しくなってしまうためだ。Glacial Fissureはキャラクターテーマ的な調和が欲しかったから生まれたものだが、重要なゲームプレイと多用途性を持たせたものにもなった。Braumのultimateにはたくさんのプレイの可能性があると感じていて、皆さんにとって最適な使い道はたくさんあり、全体的には本当に素晴らしい物理的なアクションが感じられると思うよ!」- RiotWrekz

Q. 彼のパッシブに関して、一度に1体以上のチャンピオンにマークをつけることができると思うんだけど、チャンピオンAを誰かがスタンさせた時、同じようにマークがついているチャンピオンBのマークは消えてしまうの?
「いや、Braumは一度に複数の敵に対してパッシブをスタックさせることができる。叩き込め!」 - RiotWrekz
「消えません! Braumのプレイでは、戦闘が始まったら、できるだけたくさんのチャンピオンに効率的にパッシブをつけていくという部分が大事だということがわかりました。これは、1体のチャンピオンをスタンさせても、近くにいる他の敵につけたパッシブは消えないから、重要なのです」 - RiotRepertoir

Q. - 他チャンピオンに比べて非常に大きいのが、Braumのスキル構成が機能するには、近くに味方が必要だということだ。これは今後のサポートのデザインの信条となるものなのか? デザイン方法では、BlitzやMorgのように、自身の強力な拘束能力をフル活用するためには近くに味方が必要になるチャンピオンたちとは、どのように違うと言えるのか?
- Braumのスキル構成は、ult以外が以上に統一感のある作りになっているように見える。彼のスキル構成における、ultの目的とは?
- YasuoのWind Wallをデザインした時に起こった以外に、Braumの盾を作る時に直面した、技術的な問題は何だった?
「- フル活用するためには、Braumはひどく味方に依存するけれど、必ずしも今後のサポートが同様のパターンになるということではないよ。
- 私が理解しているultimateの目的は、まずBraumの後ろに立つ味方を襲う敵なら何でも阻止する、最後の勇となることだ。だから、ノックアップとスローフィールドは、Braumの正面に直線状に出るんだ。
- BraumのEと適切に相互作用させるため、いくつかのスキルに多くの変更を行った。Vel'KozのEとKarmaのQは、この顕著な例だ。これらは両方とも、地面に効果を残す弾を放つスキルなので、Braumの盾と弾が爆発した場所の間で、Wreckz氏がよく検討を行い、こういったタイプのスキル全てが、プレイヤーがBraumのEと作用した時に予想するような行動を取るように、注意深く確かなものにしていったんだ」 - RiotRepertoir
「いい質問だね!
- これは大きな質問で、その答えは時としてイエスだが時としてノーだ。それは、デザイナーという存在に対するデザイナーなんだ。デュオレーンを非常に独特にしている要素の一つは、レーンパートナーとの相互作用で、彼のスキル構成には直接それを折り込んであるあら、皆さんとの間にもっとかっこいい相互作用を作れたと自負している。誰もが同じように考えるということではない。Leagueを新鮮に保っている部分とは、私たちみんなが違う考えを持ち、ゲーム中のチャンピオンがいろいろなチャンピオンデザイナー全員のデザインの信念を反映している、ということなんだ。
- Braumのultimateの目標は、戦闘のスピードを遅くし、敵チームを分断できるようにすることだ。遅延と弾速の遅さのため、Braumの理想的な位置取りおよび防御的プレイスタイルで用いれば、きちんとしたエンゲージよりも、カウンター・エンゲージとしての方が強い。最終的に、Braumの強さを強調するために、ultimateのモーションに大きな跳躍と打ち下ろしのモーションを入れた。そのおかげで、これを使った時、本当にすごくて物理的にも強力なんだとプレイヤーに感じさせることができていると、私は信じているよ。
- Wind Wallはいろいろなものの可能性を切り拓いた。でもWind Wallは、飛来物が何か効果を発揮する前にそれを破壊する準備ができていることと、自分に最初に当てることとを、両立していなかったんだ。Unbreakableについては、飛来物との相互作用全てを整えることは難しかったし、ダメージについての方向性も取り入れた(なので、飛来物ではないものからのダメージも軽減できるんだ)」 -RiotWrekz
「(最後の質問に関して)これは素晴らしい質問だ。聞いてくれてありがとう、と言わせてほしい :)。YasuoのWind WallはUnbreakableの良い基礎だったけれど、そこには鍵となる構成要素が欠けていた。Wind WallはYasuoの移動に追随せず、飛来物を破壊するのではなく、目的地に飛来物のスキルを実際には作用させないんだ。Braumのスキルは、彼に向かって飛んでくる飛来物を再捕捉し(方向指定スキルではない通常攻撃を考えてみてほしい)、それは彼自身に作用するスキルである必要がある。さらに、Wind Wallは飛来物の方向を問わない。Braumは特定の角度からの物体をブロックしたいだけだ。これらの要素が、Wind WallとUnbreakableの間にある、技術的な差異なんだ」 - Griftrix

Q. 彼のWで味方のワードにジャンプできないのはどうして?
「BraumのWの主な目的は、護ろうとする味方に確実に近づけることだ。味方のワードに飛びつけるようにするのは、このアイディアの逆になってしまう」 - RiotRepertoir

Q. Braumのultimateが飛来物扱いなのはなぜ? YasuoのWind Wallで完全に打ち消せるんだけど。
「飛来物扱いにしているのは、出発点から目標地点まで直線状に放たれるという様子が飛来物の条件によく合致しているからだ。YasuoのWind Wallはこれを完全に無効化できるが、SonaのCrescendo、EzrealのTrueshot Barrage、AsheのEnchanted Crystal Arrowなどなど、他にもゲームに存在する驚くほど強力な弾も無効化できる。だから、少なくともこれは理に適った扱いなんだ :)」 - RiotRepertoir

Q. 彼はAsheの傍らでプレイすると良い働きができることに気づいたよ。それはAsheの追加CCのためなのか、彼女のpokeのせいなのか、どちらだと思う? LucianやTristanaみたいな、もっと攻撃的なADCたちとは上手くやれると思う?
「射程が長いADC、AsheやCaitlynとは上手くやれるね。Asheは特に良いパートナーで、レーニングフェーズではBraumは敵に近づくのが難しいからだ。Asheは彼が近づいて敵を殴るための時間を少し稼ぐのに十分なスローを持っていて、ほとんどのダメージ交換を好きなようにやれるだろうね。
攻撃的なADCたちとは、適切な協働と同時ダイブを行えば、非常に上手く行くよ。でも、Braumが戦闘に入るためにStand Behind Meを使ってしまっていたら、離脱するまでにたくさんのダメージをもらってしまうだろうね」 - RiotWrekz

Q. Braumと他チャンピオン間の特殊なやり取りで、気に入っているのはどれ?
「Vi/Jinxとのやり取りが特にお気に入りだ。また、他のチャンピオンからのultimateスキルを彼が盾でブロックする時、ちょっとしたセリフを喋ったりもする。NamiとEzrealがそのうちの2つなんだけど、他のセリフは、みんなで見つけてくれよな!」- RiotWrekz

Q. - Braumの盾の技術は、逆の方向、つまり通過した飛来物を強化する方向のスキルの可能性を生じさせたのか? Jayceのゲートよりもっと幅広い有用性を持つような。もしくはAsheのRやMorgのQ、BlitzのQといった、比較的避けやすいものでバランスが保たれている現状を悪化させると考えている?
- Eがブロックする飛来物の処理方法を除いては、彼のスキル構成の中で最も困難だった部分は何?
「- 最初の質問に対しては、イエスだ。別にBraumを作らなくとも、そういった類のものが今後存在する可能性はある。Unbreakableを作ったことで、そのようなものを作りやすくなりはしたけれど。ゲームバランスとデザインのためにどちらが良いアイディアなのかに関しては、私の仕事ではないし、私にはわからない。
- 次の質問については、Eは大きな部分を占めていたけれど、特にデザインとQA(quality assurance:品質保証)にとっては、次に大きかったものとしてはEを取り巻くアニメーションだったと思う。『悪魔は細部に宿る(訳注:細かい点にこだわることこそが落とし穴であるという言葉)』と言うように、複数方向での攻撃と、攻撃後の移動なんかが問題だった。RiotLamz氏がそういった物に率先して取りかかり、ものすごい仕事をやり続けて、素晴らしいアニメーションを作り上げたんだ」 - Griftrix

Q. Braumの盾は、ダイブするキャリーのためにタレットの攻撃をブロックすることはできる? もしできるのなら敵に襲いかかるのにすごくいいし、敵タレットの下で時間を稼ぎたいキャリーのために、タレットの攻撃を遮ることができるよね。
「BraumのEは、タレットの攻撃をブロックしないよ」 - RiotRepertoir

Q. Braumの盾は、彼にのみ効果を及ぼすCC(LuxのQのような)の持続時間を減少する? あと、彼を運用し始めたら、マナ効率はどのくらいかな?
「LuxのQやZyraのEのようなスキルをブロックしても、CCの持続時間は減らない。私の考えでは、彼のマナ効率は非常にいいと思う。Braumのマナ管理は、防御的な位置取りをし、WとEの適切な使用タイミングを計ることの次に考慮すべきものだ」 - RiotRepertoir

Q. 行けるポジションだと考えているのであれば、彼はgankしやすくてスタンも素晴らしいし、レーンでは他チャンピオンのダメージをブロックできるジャングラーになれる可能性は全くないと考えているの?
「彼のgankは強いと思う。ジャングルでのファーム速度は、たぶんかなり遅い方になるよ。チームが我慢するつもりなら、ジャングルでもやっていけるんじゃないかな」 -RiotRepertoir

Q. あなたはいつも、メカニクスからチャンピオンを作るの? それとも、チャンピオンのコンセプトからメカニクスを作ることもあるの?
「大部分では、両方になるね。Braumはゲームプレイからの方が多かったけれど、Vel'KozやZacのようなチャンピオンでは、もっとコンセプト側から開発がスタートしたからね」 - RiotRepertoir

Q. BraumのQが最大ヘルスでスケールするのなら、AR/MRアイテムよりもたくさんのヘルスアイテムを積むのは、可能なプレイ?
「レーンで勝っているのであれば、私の個人的意見は、Leonaのような方向に自然と引き寄せられるんじゃないかなと思う。集団戦でとても強い存在感を発揮できていて、チームメイトを守っているのなら、Braumは驚くほど強力で楽しいよ」 - RiotRepertoir
「現在人気のあるサポートたち全員に対して、Braumは上手く対抗できる。彼らの戦闘パターンゆえだ。彼はUnbreakableを持っているため、100を0にしようとするall-inレーンに対して強いが、poke/ハラスレーンに対しては比較的弱い。Thresh/Leonaに対しては上手く対抗できる。Braumに対抗するため、今は一般的ではなくなっているピックが見られるようになればいいな、と思っているよ」 - RiotWrekz

Q. BraumはStand Behind Meで壁を越えることはできる? あと、そのスキルを使うたびに、彼の前にいる人がBraumをコントロールするの?
「そう、彼はStand Behind Meで壁を越えることができるよ。
『彼の前にいる人がBraumをコントロールする』という意味がちょっとわからないんだけれど、このスキルを使っても、Braumのコントロールを取られることはないよ。Stand Behind Meを使うと、スキルの対象の前/近く(その時背後にいる味方のチャンピオンによる)に跳躍するんだ」 - RiotWrekz
「BraumのWで壁を越えることは実際に可能だけど、Braumの操作を他の人に取られることはない。Wreckz氏がこのスキルについて素晴らしい仕事をしてくれたので、直近の敵に接近されている味方の横に、Braumはジャンプする傾向がある。そう、EとQを使うためにベターな位置にね」 - RiotWrekz

Q. Eに敵の攻撃やスキルが当たった時、Braumはマナを消費する?
「いいや。消費マナを支払うのは、Eを押した時だけだ」 - RiotRepertoir

Q. Runaan's Hurricaneの効果で、Braumのパッシブ付加は倍になる?
「なるよ、Blade of the Ruined Kingみたいに、Hurricaneはon-hit効果を2倍にするので、Braumのパッシブについても同様だ」 - RiotRepertoir

Q. Braumのビルドで、LuluやOriannaのように、ソロレーンのゴールド収入で得られる恐ろしいほどの大ダメージを出せるようなビルドはある?
「彼は基本スキルの内1つでしかダメージを与えられないので、彼がスキルで大ダメージを与えられる可能性については、全くもって懐疑的だね。タンクとしてtopレーンで力を発揮できるかもしれないけれど、ミニオン処理能力が弱いという点で、彼が無力になり過ぎなければ、かな」 - RiotRepertoir

Q. Zileanのような、AoEダメージを持つチャンピオンに対しては、Braumはどんな動きを見せるの? 彼がキャリーをかばうことになるの? それともキャリーごとダメージをもらうの? Stand Behind MeをBraumが味方に近づくために使ったとしたら、Zileanの爆弾は彼を吹き飛ばすと思うんだ。このダメージは、Braumと彼の味方の両方に及ぶの?
「BraumがUnbreakableを起動した状態で、Zileanが彼に爆弾をつけたという状況だね。爆弾は起爆して、Braumの近くにいる味方にダメージを与える。Braumもダメージを受ける。まず爆弾が吹き飛ばすのは彼で、爆風は方向と関係ないからだ。
Time BombがBraumの味方につけられ、Braumが盾を爆弾に向けている場合は、彼はそのダメージを軽減する。
このためのルールは本当に直感的になっていて、Braumは近くからもらう、盾の位置に向かってくるダメージを全て軽減するんだ。盾を敵の攻撃に向ければ、ダメージ減少は起こるよ」 - RiotWrekz

Q. あなたの、開発者としてでなくプレイヤーとしての意見では、レーンでBraumと組んで最も恩恵を受けられるマークスマンは、どのマークスマンだと思う?
「彼のパッシブを安全に、もしくは素早く発動させられるチャンピオンだね。
これまでのところ、Lucian、Ezreal、Caitlyn、Jinx、それにQuinnが、彼と組む時の私のお気に入りさ」 - RiotRepertoir

Q. Unbreakableの効果が終了するのは、一定時間後? それとも受けたダメージの量が上限に達したら?
「持続時間が終わると効果が終了する。ダメージ量ではないよ」 - RiotWrekz

Q. このチャンピオンは、どれくらいLeonaに似ているの? ぼくの研究では、Leonaはpokeしてくるチャンピオンをキルするのは難しいがダイブする能力はある。でもBraumには、同じようなスタンやダイブ能力はないと思うんだ。
「Leonaは敵チームの中に飛び込んでいくことにフォーカスしているのに対し、Braumは自分が選んだ1~2体の味方の近くで守りに徹した方が、成功する傾向にある。基本的に、Leonaは攻撃で、Braumは防御だ」 - RiotRepertoir

Q. BraumのUnbreakableいついてひとつ質問があるんだ。これは特定の方向から彼に当たる長射程攻撃にのみ作用するのか、それとも盾に当たる攻撃ならどんな攻撃でも(meleeでも)同じようにダメージを軽減するの?
「盾の方向から来るあらゆるダメージが、ダメージ減少の対象になる。これにはmelee攻撃も長射程攻撃やスキル攻撃と同様に含まれるよ」 - RiotWrekz

Q. 彼とLeonaを比べられるなら、レーンでより威圧的なのはBraumの方なのかを知りたい。言うまでもないけれど、彼のスキルの大半は1人に焦点を当てたもので、Zacのように当てた敵全員をスタンさせたり、脆い連中を皆殺しにするようなものではないよね?
「彼とLeonaは少し違う。Leonaは3秒間以下の接敵で、彼女と味方が敵をバーストで倒すのが理想だ。一方Braumは、もっと長い接敵時間になる傾向があるので、優位に立っている時にLeonaのように完全に威圧的にはならないんじゃないかな。
彼はLeonaやZacとは全く違っている、と言わせてほしい。LeonaとZacは非常に攻撃的なパターンを持っているけれど、Braumのスキル構成は、防御に回っている時にこそより効果的なんだ」 - RiotRepertoir

Q. Braumのスキルについて、サポート以外で使えるのではないかと心配している。うん、彼の大部分はサポートチャンピオンで、彼のそういったところを私は気に入ったけれど、他のキャラクターは「レーンのメタ」から飛び出して、他レーンでも有用で在り続けている。Braumについては、これは起こらない? それとも、botのサポートメタ以外に、行けるレーンがある?
「他のレーンでのプレイに挑戦して、成功する人はいると思うけれど、LCSやOGNで彼がソロレーンやジャングルに行くのは、期待していないね。彼は味方といるのが一番だからね」 - RiotRepertoir

Q. 彼のスキルのひとつは、スキルからのダメージを100%ブロックするが、CCはブロックできない、と言っているように思えるんだけど。その場合、ブロックするスキルの使用中にWarwickがultをかけてきた時のことを考えてみたい。supressionが効果を発揮して移動不能になるけれど、ダメージ自体は0になるということ?
「これには、私が実際に答えよう。Braumは究極的に、盾の前方からの全ての攻撃のダメージをブロック/軽減する。ここを参照してほしい。The League of Legends Wiki page on Braum; specifically, notes on his Unbreakable:
- ダメージ減少は盾の前方からのいかなるダメージにも効果を発揮する。これには以下のものが含まれる。遮った飛来物、melee攻撃および非飛来物の長射程攻撃。
以上で強調したように、Braumの盾にmeleeが殴りかかろうとして、それが盾への最初の攻撃であったり、それが初撃でなくともダメージが減少されきるなら、ダメージはなくなるだろう。だから、WWのultはどこからBraumに殴り掛かるかによってダメージが異なると思う。Braumの正面から飛び込んだのなら、ダメージは軽減されるだろう。Braumの背後から飛びついたのなら、減少されることなくフルでダメージが入るだろう。まあ、私が間違えているかもしれないが、これはBraumについての情報に基づいたもので、このような挙動だと思うよ」 - Gwyntorias
「良い投稿でした。説明をありがとう」 - RiotWrekz

Q. BraumのEが、別の効果によって引き起こされる飛来物も遮るのなら、その飛来物の効果は影響するの? たとえば、Mantra BonusをつけたQは彼の周りにAoEダメージを与えて、スロー効果のある大きな爆発効果を保ったままなの?
「KarmaのMantra-Qは効果を保つ。盾に当たった地点を爆心地として、地面にAoEを残すよ」 - RiotWrekz

Q. Braumのパッシブは通常攻撃4回ごとにスタンを引き起こすということは、AS/タンクとしてビルドするといいってこと?
「ASビルドはおすすめしない。もっと防御的アイテムとCDRを積んだ方が、チームメイトにConcussive Blowsのスタックをつけてもらうのに役立つだろう」 - RiotWrekz

Q. 相手と自分を鎖で繋ぐスキル(たとえばFiddlesticksのDrain、MalzaharのNether Grasp、KarmaのFocused Resolve)は、BraumのUnbreakableに対して効果を発揮するの?
「それらのスキルがダメージを及ぼす瞬間ごとに、攻撃者(鎖のもう一方にいるチャンピオン)が盾の前方にいれば、ダメージが軽減される。鎖は対象を変えはしない(すなわち、Braumによって遮られない)。飛来物ではないからだ」 - RiotWrekz

Q. レーニングフェーズが上手く行かなかった場合でも、Braumのスキルが役に立ち続けるのは心配? たびたびわかることだけど、敵が優位に立っている時にタンクタイプのキャラクターをプレイするのは難しい。大抵の場合、長く生存できるほどタンキーになれていないからだ。
「劣勢な時、Braumのスキルが効果的で在り続けることについては、私はそんなに心配していない。とはいっても、少し警戒はしている。まず、チャンピオンは劣勢時にあまり役に立てるべきではない。このゲームはマルチプレイヤー・ゲームだからという面からも、チャンピオンは勝ったり負けたりする必要がある。次に、質問の核となる部分に答えると、Braumが劣勢な時、まず変えるべきは位置取りだ。劣勢時のプレイとして必要なのは、戦闘の只中に入ってしまっていて混乱した結果死んでいるようだ、という事実を認識することだ。Braumが後ろに下がり、一人の味方を守ることにフォーカスし、機を見てWinter's Biteで敵にパッシブのスタックをつければ、レーニングフェーズが上手く行かなかった後も、Braumは成功し続けることができると私たちは見ている。また、Glacial Fissureを上手く置くことができれば、劣勢であっても極めて大きな影響を及ぼすことができるはずだ」- RiotWrekz

Q. DoT(Damage over Time)に対して、Unbreakableはどう働くの? 最初だけダメージをブロックして、その後はダメージを軽減するの?
「DoTはダメージ軽減の対象にならない。DoTが方向性のあるものと組み合わされば(BrandのQを考えてみてくれ)、BraumはDoTを発生させるダメージを減少させるが、DoTそのものは軽減できない」- RiotWrekz

Q. YasuoのWind Wallは全ての長距離攻撃をブロックする。ミニオンからの攻撃でさえもだ。BraumのUnbreakableは、1回の攻撃をブロックした後は効力を大きく失ってしまうから、ミニオンウェーブの真ん中にいたり、caster minionの標的になっていたりする時にEを使った場合、Braumは面白いほど弱くならない? でなければ、ミニオンの長距離攻撃は単に、盾の効果を無視しないってこと?
「ミニオンとモンスターの攻撃は、盾を構えた時の最初の100%のダメージ軽減効果を引き起こさない。この場合、良いゲームプレイを作り出すためには状況がひどく変わりやすいし、ランダム過ぎると感じた。チャンピオンに対して厳格すぎる位置取り(常にミニオンから離れ、ミニオンの攻撃意志がない時のみEを使う)を要求するのは無理筋だし、そのような場合には、Braumを敵としてプレイしている人が、彼に最初の一撃をブロックする効果を獲得させないために、良いプレイをする必要がなくなってしまう。
つまり、最初の一撃のダメージが100%無効化されるのは、チャンピオンの攻撃のみだということだ」 - RiotWrekz

Q. Braumのリリースはいつ? 今日だったら、学校を早退する! :/
「Braumのリリースは今日ではないよ。学校にいてくれ!」 - RiotWrekz

Q. お願いだよRiot。Angus the Puncherから得た発想があるかどうか、知りたいんだ。知らなきゃいけない。あなたの口から。お願いだ、Riot。
「Angusのコンセプトがもたらした興奮と人気は、男性のサポートチャンピオンが望まれているということを証明したんだ。これと、他のたくさんのものから発想を引き出した」 - RiotWrekz

Q. いくつか説明してほしいことがあるんだけど、RiotRepertoir氏は移動時間のないスキルはブロックされないって言ったけれど、RiotWrekz氏はブロックするし、実際にはダメージ減少が有効だと言った。そこで、LuxのultとBraumの盾の相互作用を含む質問がいくつかある。
1. RiotWrekz氏によると、BraumのUnbreakableではスキルの効果を受けるが、ダメージは受けないということだけど、RiotRepertoir氏がブロックされないと言ったのはなぜ?
2. BraumがFinal Sparkからのダメージをブロックできるとしても、Luxのパッシブは適用されるってことだ。合ってる?
3. 最後の質問として、Final SparkがBraumの壁に最初に当たったと仮定して、彼の後ろにいる対象にはダメージを与える?
「やあ! 混乱を正す機会をもらえてうれしいな。
1. BraumはLuxのultを『ブロック』はしない。Ezrealのultをブロックした場合は、彼の後ろの味方がダメージを受けることはないが、Luxのultに対してはそうじゃない。Luxのultimateは、Unbreakableに当たろうと当たらなかろうと、関係なく全ての距離に効果が発生するよ。
2. LuxのultimateがUnbreakableに当たった場合、Braumはそのダメージを軽減する。これは、Braumが盾の方向からの全てのダメージを軽減するためで、Luxのultは遮断不可能で、飛来物に対するように破壊されはしないが、ダメージ部分についてはブロックが可能だということさ。
3. そう、パッシブの効果は適用されるよ」 - RiotWrekz

Q. 彼のパッシブが敵にまたつけられるようになるまでのクールダウンがあるとしたら、どのくらいの長さなの?
「うん、クールダウンはあって、Lv1/Lv7/Lv13時にそれぞれ8/7/6秒だ。クールダウンはBraumがLv7とLv13になった時に縮まる」 - RiotWrekz

Q. Braumについて、たくさん質問があるんだけど。
1. (初撃を受けた後の)Eでブロックできるのは、どのくらいの割合?
2. Eを使うと、CC以外の効果をブロックするということ?
3. Qで視界は取れる?(Vel'KozのEのように)
4. Eを使っている時、どこを向いていても移動できる?
5. リリースはいつ?
6. ultimateは、当たった敵全員をノックアップするスキルなの?
7. パッシブがついた敵は、見ることができる?
「質問がたくさんあっても、問題ないよ!
1. ランクを上げると30%→40%とダメージ減少割合は上がっていく。
2. Eはダメージをブロックするけれど、スタンやCCを止めはしない。飛来物はBraumを通りすぎる代わりに彼に当たって、止まる。TaricのDazzleは味方をスタンさせる代わりにBraumをスタンさせるということで、EzrealのultimateはBraumに当たって止まる。これは飛来物のみに適用される効果だけど、盾を掲げている方向からのダメージなら何でも軽減することができるよ。
3. いいや、Qでは視界は取れない。
4. E(Unbreakable)は、使った時の方向を維持しつつ彼と一緒に移動する。Lucianのultimateと同じだ。
5. もうすぐだよ!
6. Glacial Fissure(Braumのultimate)は、最初に当たったチャンピオンを1.5秒間ノックアップさせ、その後の対象のノックアップ時間は0.25秒間だ。
7. いいや、パッシブでは視界は取れない」 - RiotWrekz

Q. 特定のアイテムについて、Braumはセリフでコメントするね。これらの特定アイテムへのセリフが、アイテムセットの独創性を制限してしまうということは、心配していない?
「セリフの存在でアイテムビルドを制限してしまうことについては、特に心配していない。独創的なプレイヤーというのは独創的で在り続けるもので、広く選ばれると私たちが感じたアイテムのセットについて、セリフを収録した。でも、こういったものと関係しない系統のアイテムを、プレイヤーの皆さんが避けるとは考えていないよ」 - RiotWrekz

Q. これまでBraumの実装を本当に楽しみにしてきたんだけど、いくつか質問があります。
1. この質問はBraumについての技術的な質問ではないけれど、YasuoのWind Wallは飛来物を記録するシステムの準備となって、Braumの盾はある方向からの飛来物に対するものになった。今後、飛来物を方向転換させたり、跳ね返したりするスキルを持つチャンピオンが開発されることは、あり得る?
2. Braumのパッシブは、敵がそれに対するクールダウン中だと、彼の通常攻撃に追加ダメージを発生させる。ぼくにとってこれは「BotRKを買ってからタンクアイテムを買う」ことを奨励する、多くのtopレーナーが持っている方向性のように見える。これは、topレーンでプレイ可能な余地を残す目的? デザイン意図を考えなければ、実際に彼はtopレーンでプレイ可能だと考えている?
3. Braumのスローは最初は70%で、2秒後には減衰し、これらの効果はスキルのレベルでは変化しない。スキルのレベルで効果や時間が増加するのではなく、持続時間もスロー率も固定した機能を選んだの? Lv1時点から、彼の交戦拒否能力を高くしたい、という意図でいいの?

「いい質問ですね!
1. 可能ですが、非常に複雑なものになってしまうでしょう。私が言いたいのは、デザイン面の満足のためだけに制作を行うのは、良くないということです。攻撃を阻止する防御的行動のバランス調整は難しいのですが、チャンピオンが他の部分で引き続きトレードオフを行う時、可能になります。敵からの攻撃的行動を受け、それを無効化し、自分自身にとっての攻撃的行動に転じることは非常に強力で、不満を抱えながらプレイする敵を上回る人にとって、十分な満足を得られるとは信じられません。あくまで私の分析ではありますが。
2. 一度パッシブが蓄積した後、通常攻撃に付加される増加ダメージは、topレーナーとしてプレイ可能にする意図でつけられたものではありません。この意図は彼を、もっと長い、殴り合いの戦闘において、より良い成功を収められるようにするものです。彼の唯一のダメージスキルであるQのクールダウンが、長めに調整されているためです。パッシブによって得られた継続的なダメージ要素は、ジャングル内のモンスターやobjective(バロン/ドラゴン)との戦いを助ける時、通常攻撃が強力だとBraumのプレイヤーが感じる要因になるでしょう。また、レーニングフェーズの間、長引いた戦闘において成功を引き寄せることに対しても、少し貢献しているでしょう。
3. 減衰するスローとなるQを持つことで、彼には少し強力な交戦拒否能力を与えました。敵としてプレイしている時にスローを受けても不自由を感じないようにしつつ、味方が追随するのであれば戦闘開始能力もいくらかあります」 - RiotWrekz

Q. Braumの「Unbreakableと「Stand Behind Me」について2つ質問があります。
1. 「Unbreakable」がタワーの攻撃を遮らないのは何故? 「Stand Behind Me」で飛び込んで「Unbreakable」を発動し、自分が死ぬことになっても、撤退しつつも最後にタワーの攻撃を受けて殺されそうになっている味方を救うことができるようになって欲しい、心からそう思います。タワーからのダメージを減少させずに、むしろダメージが増加することになったとしても、こうやって遮ることができたら、すごく面白いと思うんですが。
2. Braumの「Stand Behind Me」は、ダッシュ後に着地場所を決める時、使用中のチャンピオンのultを考慮した動きをしますか? たとえば、私がBraumを使っていて、敵Caitのultimateの詠唱時間中に味方ADCにダッシュするけれど、敵サポートは横にずれていてむしろこちら側に近い時。Stand Behind Meで敵サポートの近くに移動してしまうのなら味方ADCは死んでしまう。Caitのultを遮る位置に行けるのでしょうか?
「やあ! この質疑応答に参加してくれてうれしいな。これらの質問はとても焦点が絞られた質問だ。少し時間をかけて答えさせてもらうよ。
1. Unbreakableがタワーの攻撃をブロックしないことは、ゲームの健全さを取った選択で、Braumの力の現れを表現する方法としての決定だ。タワーダイブは、特に競技プレイで強力だ。タワーは敵にとって安全な領域だと感じられるべきで、そのことこそ、タワーを破壊すべき魅力的なobjectiveたらしめている理由なんだ。私たちが追加した、タワーの攻撃を中断/方向転換させたり、タワーのダメージを無効化したりするメカニクスはあまり正しくなく、序盤のダイブを流行らせることになってしまった。結果として、自由裁量の大きなメカニクスを用いるべきだという結論に達したんだ。最終的に、Braumは究極の守護戦士だと感じられるべきで、タワーの攻撃をブロックできる能力は、攻撃的なダイブ・プレイを大きく推進してしまうだろう。ダイブを強く誘導するような能力は、保護者/守護戦士というチャンピオンには合わない。そう感じたんだ。
2. いいや。このスキルが移動先を決める方法に関して、理解できるようなルールを設定した明確な理由は、大事なことだ。見えている限り、最も近くの敵チャンピオンに対しては相殺が起こる。良い反応を行って、CaitlynのultimateをブロックしADCを救うことに成功するプレイヤーは、存在するよ」 - RiotWrekz


情報元
Surrender at 20: Braum Q&A Summary

0 コメント :

コメントを投稿