2014年2月20日木曜日

ストーリー:Vel'Koz, the Eye of the Void

新チャンピオン、Vel'Kozのストーリーがようやく到着いたしました。珍しく、チャンピオン自身の一人称による語りとなっております。


I pass into the sudden glare. Blink. Blink, blink, blink. My eyes adjust and evaluate the landscape before me.
私は突如、眩い輝きの中に包まれた。ぱち。ぱち、ぱち、ぱち。調整を完了した目で、私は目の前の地形を調べ始めた。

There's a scurrying. I look down to find a small, white creature standing on its hind legs, sniffing at my body. It intrigues me.
ちょこまかと動き回る何かがいる。私がその小さな存在を調べようと見下ろすと、その白い生き物は後ろ脚で立ち、私の身体を嗅ぎ回ってきた。興味深い。

What use are you?
君の用途は何だい?

I analyze the creature. A flash of hot magenta light, a dust pile where it was quivering.
私はその生き物を解析する。赤紫色の熱線が一閃し、風に揺れる一握の綿埃が残された。

Mammalian...Nocturnal...Impeccable hearing.Incredibly weak. Yet they breed so prodigiously.
哺乳類……夜行性……申し分のない調査結果だ。信じられないほど脆い。驚いたことに、この生き物は未だに有性繁殖で繁殖している。

''Hm,'' I mutter to myself.Hopefully there will be more complex things to be found; those fascinate me.
「ふむ」私は呟いた。もっと複雑なものが見つかればいいのだが。私を魅了するような。

Consume and learn: this is my purpose. The others who travel with me are primitive: kill and eat, kill and eat. I need to gather all available information - harvest any valuable resources.
貪り、学ぶ。これが私の目的だ。私の道連れたちは、原始的な存在だ。殺し、食べ、殺し、食べる。私は収集可能な情報を全て集める必要がある──価値あるものなら何でも、取り入れるのだ。

Eventually, we come upon a destroyed city,save for one pristine tower. It appears to be protected - or intentionally left standing. I deconstruct the composition of the ruins. My analysis suggests this habitat was a place of great magic; I'm not surprised it was a target of such destruction. There is something compelling about the tower. While the others are off scavenging,I enter the citadel.
やがて私たちは、綺麗な塔を1本残して崩壊した都市へとたどり着いた。その塔は、護られているかのように見えた──もしくは、意図的に残されているように。私は廃虚の組成を分析した。解析結果によれば、この居住地は優れた魔法が集積された場所だったようだ。このような破壊の目標となったことに、私は納得した。塔の周囲には、私の興味を引くものがあった。道連れたちはまだ廃虚を漁っていたが、私は建物の中へと入って行った。

Cryptic instruments are strewn about. I examine one.Another flash of hot magenta light,another dust pile.
不思議な道具が近くに散らばっている。私はひとつ試してみることにした。赤紫色の熱線が再び一閃し、塵芥の山をもうひとつこしらえた。

Fascinating: a tool to alter their concept of time.
面白い。これは時間の概念を変質させる道具だ。

Strange.
見たことがない。

Unprecedented.
聞いたこともない。

From the state of the tower, it seems the owner departed only recently. The artifacts left behind have existed in more than one time and place. Some are more complex than others; all are more impressive than anything I have seen on this plane. Clearly, the owner knows things I have not encountered in any of my travels.
塔の様子からして、主がここを離れたのはごく最近と見える。そこらじゅうにアーティファクトが残されている。いくつかは、他のものよりも複雑そうだ。ここで私が見たどんなものと比べても、全てが面白い。明らかに、ここの主は、私が今までの旅で触れたことのないものについて知っている。

I require such knowledge.
こういう知識を求めていたのだ。

Leaving the tower, I find the others closing in on the entrance, ready to destroy it as they have destroyed everything else we have met. They will only get in the way of my goal. There are some things the Void should not consume indiscriminately.
塔を出ようとして、私は道連れたちが入り口に近づいてきているのに気づいた。この塔を壊す準備を完了している。彼らは、遭遇した全てを破壊するのだ。私の目的の妨げでしかない連中だ。Voidが無差別に食べずにおくべきものがあるというのに。

Without warning, I lash out a tentacle, its tip glowing white hot. Lightning arcs through the first creature,knocking it back. Its screams fade as I extend all three limbs, energy crackling between them, scorching the air where the streams meet.The other two run; they know what's coming.
無警告で、私は先端の白熱した触手を襲いかからせた。弧を描いた稲妻が一体目を打ち、後ろへとよろめかせた。私が腕3本全てを伸ばし、連中の間にエネルギーの亀裂を生じさせると、亀裂が生じた場所に焦熱した空気が漂い、奴の叫びは静かになっていった。他の2体は逃げ出した。次に何が来るのか、わかっているからだ。

Must they always flee?
連中を逃してやる義理がどこにある?

I open my eye wide and unleash a beam of energy, following the escaping creatures. They are instantly reduced to ash. ''Hmm.Void-native melting point is inconsistent,'' I note.
私は目を大きく開き、逃げる連中に向かってエネルギーの束を解き放った。彼らは一瞬で灰となった。「フム。Void出身生物の融解点はバラバラだな」私は記憶した。

But that is of no consequence. The hunger inside me grows. I am ravenous.Insatiable,as never before.
だが、こんなことは何でもない。空腹感が募ってきている。私は貪欲なのだ。かつてないほど、何かを貪りたい。

I have glimpsed the ultimate knowledge.
究極の知識を垣間見ようぞ。

And I will have it.
そして、それを、手に入れるのだ。


情報元
Surrender at 20: 2/19 PBE Update: Vel'Koz Lore, New Summoner Icons, and tentative Balance changes

0 コメント :

コメントを投稿