2013年11月9日土曜日

新ストーリー:Maokai, the Twisted Treant

えーっ今更!?と声が出てしまいましたが、MaokaiのLoreがPBEでアップデートされました。なん……だと……。
というのも昨年のハロウィンイベントのパッチ、Shadow Isles PatchでTTLがリメイクされた時、TTLの設定が根幹から変更されたのですが、それに伴っての設定変更が1年越しの今、ということで……mjsk……。
と、ともあれ、新しくなったMaokaiのストーリー訳をお届けします!
※Liveサーバーへの実装に伴い、以下の内容は変更されることがあります。


ストーリー



Maokai was once a peaceful nature spirit dwelling in an idyllic forest, but the arrogance of humans brought an end to that life. Now he is a gnarled shadow of his former self, twisted by dark magics that defied the natural order of life and death. Infused with power he never asked for, the mighty treant has become a vengeful force of nature, sundering his enemies with wild magic and iron-hard limbs as he searches Valoran for the means to restore the Shadow Isles to its former glory.
かつてMaokaiは長閑な森に宿る平和的な自然の精霊であったが、人間の横暴な行いによってその命を絶たれてしまった。今の彼は以前の彼自身のねじくれた影であり、本来の生と死の秩序に反した邪悪な魔法によって歪められている。思いがけない力を得て、強大なTreant(樹人)は自然の復讐心を体現した恐るべき存在となり、Shadow Islesを以前の荘厳な姿に戻す手段をValoranに求めて、自然魔法と鋼鉄のごとく硬い手足で敵を引き裂いてゆく。

Before the Shadow Isles became a land of death, the islands teemed with natural life and beauty. This was never truer than in the isles' sacred forest: a paradise of thriving trees and countless species, both animal and spirit alike. When the king of the Shadow Isles ordered his sorcerers to crack open the barrier separating life and death, the forest served as a well of power the magi drank deeply from.
Shadow Islesが死の大地になる以前、島は美しい自然と生命に満ちあふれていた。このことが明らかなのは、島の神聖な森をおいて他にない。森は旺盛に伸びゆく木々と無数の種が暮らす、動物と精霊双方にとっての楽園であったのだ。Shadow Islesの王が魔術師に、生と死を隔てる障壁をこじ開けるよう命令した時、魔術師たちは森の深奥から魔力を引き出した。

The sorcerers' ritual succeeded in corrupting the cycle of life and unleashing forces they could not hope to contain. Vitality seeped from every living thing in the Shadow Isles: great trees withered into gnarled husks, people warped into twisted shades, and forest spirits became hollow wisps. Maokai, the strongest spirit of the sacred forest, watched in horror as his world crumbled and died around him. He fought to mend the wound in the world, but could not halt the destruction wrought by the human folly. As the ghastly energies sought to overwhelm the great spirit, he made one last desperate attempt to preserve the life of the land. Maokai inhabited the ancient oak at the heart of the forest's spiritual power. There he gathered the essence of the isles into the tree as the corruption of undeath clawed hungrily at anything within reach. Fortified by boundless magic, Maokai could not be consumed entirely, though the spirit was not left unscathed.
魔術師たちの儀式は生の円環を汚染し、抑えきれない力を放出するという結果に終わった。Shadow Islesの生きとし生けるものから生命力が失われて行った。大樹は節くれだった脱け殻へと萎れ、人々は捻じれた影へと歪み、森の精霊たちは空ろな鬼火になってしまった。神聖な森で最も強大な精霊であったMaokaiは、彼の世界が崩壊し、自分の周りが死に絶えてゆくのを恐怖のうちに見ていた。彼は世界に生じた傷を癒そうと奮闘したが、人間の愚かしさがもたらした破壊を止めることはできなかった。すさまじいエネルギーが偉大なる精霊を屈伏させはじめると、最後に一度、彼は島の生命を救うことに絶望の念を抱いた。Maokaiは森の精霊力の心臓である、古い樫の樹に宿っていた。届く限りの全ての存在から、島の霊的エネルギーを、不死の汚染をも貪るように彼はこの樹へと集めた。Maokaiは膨大な魔力に耐え、全てを吸収することはできなかったが、この精霊が無傷で残ったわけでもなかった。

Maokai, now saturated with the essences of life and death, became fused with the ancient oak and contorted into an abomination. For ages, pain and grief were the only companions the spirit had. His boughs grew heavy as he wept at the desolation of everything he had known and loved, and his roots tore from the earth as he raged at the reckless sorcerers that had ruined his home. But all was not lost. Maokai had preserved the last vital spark remaining in the Shadow Isles, and with it, the hope of returning life to the land.
今や生と死の霊的エネルギーで飽和したMaokaiは、古い樫の木と融合して穢れたものへと変貌した。長い間、この精霊の友は痛みと嘆きのみだった。よく知り愛したもの全てが荒廃しきったことを嘆くたびに彼の枝は重く垂れ繁り、故郷を破壊した魔術師への尽きることのない怒りが彼の根を大地より引き剥がした。しかし、全てが失われたわけではなかった。MaokaiはShadow Islesに残る最後の生命の輝きを保存していた。それは島に生命が戻ってくる希望である。

Like moths to a flame, the tormented shades of the Shadow Isles were drawn to the living essence within Maokai. The spirit guarded the seed of life from the relentless undead, but Maokai knew he could not fend them off forever. He needed to escape the land of death his home had become, so he cast himself into the sea and trusted in nature to guide him towards a living land. There he hoped to find the means to cast out the forces of undeath and restore life to the Shadow Isles.
飛んで火に入る夏の虫のごとく、Shadow Islesの苦悶する影たちはMaokaiの生命エネルギーに惹かれる。Maokaiはこの執拗な不死者たちから生命の種子を守っていたが、永遠に守り続けることはできないとわかっていた。彼は死の島と化した故郷から逃げ出す必要があった。彼は自ら海へと飛び込み、生命のある土地へ自然と導かれることを信じた。不死の力を追い出し、Shadow Islesに生命を回復することが彼の望みである。

Maokai --
''To defy the natural order has consequences.''
「自然の秩序への反逆は続いておる」


情報元
Surrender at 20: 11/8 PBE Post: One for All testing, Maokai Lore,

0 コメント :

コメントを投稿