2013年10月13日日曜日

新ストーリー:Sivir, the Battle Mistress

SivirのリローンチがPBEに実装されました。ストーリーが一新されていましたので、その訳です。今後このストーリーはLiveサーバーへの実装に伴って変更されることがあります。

追記(10/31):Patch3.13でSivirのリローンチが正式に実装されました。


ストーリー

When the people of Valoran speak of the ''Battle Mistress,'' there is only one woman to whom they refer. Combining unflinching bravery with prowess in combat and endless ambition, Sivir's reputation as a fortune hunter is only rivaled by her amassed wealth and acclaim. Faced with the revelation of her mysterious heritage, Sivir must now weigh her desire to follow her own path against the burden of a greater legacy.
Valoranの人々が「戦いの女王」について話す時、その二つ名はただ一人の女性を指している。Sivirは戦いにおいて揺るがぬ勇気とすばらしい武勇を併せ持ち、無数の憧憬を受けながら、その称賛に匹敵するだけの富豪としての評価も得ている。彼女の持つ不思議な遺物の存在が明らかになった今、Sivirは偉大なる遺産という重荷を背負いつつも自らの望みを希求せねばならなくなったのだ。

Sivir grew up among the desert nomads of Shurima, mastering the art of tomb robbing and enjoying a life without strong ties to any one place. She excelled at the mercenary life, accumulating riches, followers and reputation with ease. As her fame spread beyond the desert sands, she caught the attention of wealthy patrons across all of Valoran. The most influential of these benefactors was Noxus High Command. Sivir served the whims of the brutal nation with little concern for consequence. Their partnership proved to be a profitable one until the Ionian conflict broke out. She chose to take no part in the messy invasion and severed her ties.
SivirはShurima砂漠に暮らす遊牧民の中で育った。彼女は墓の盗掘技術を習得し、場所にも何にも縛られぬ奔放な生活を楽しんでいた。彼女は傭兵としても卓越した腕前を持ち、財を成し、信奉者と称賛を易々とものにした。その名声が砂漠を越えて広がるにつれ、彼女はValoranじゅうの裕福なパトロンたちから注目されるようになった。そういった後援者たちの中で最も影響力のある人物が、Noxusの最高司令官(High Command)だった。Sivirは結果を少し心配しながらも、この暴力的国家の気まぐれに貢献した。その関係は、Ioniaとの戦争が開戦するまではお互いに有益な関係だった。彼女はこの厄介な侵略には手を貸さず、Noxusとの関係を断つことにしたのだった。

It was no surprise to Sivir when the Noxians next paid her a visit, but where she expected assassins, she instead received an offer. Cassiopeia, the daughter of one of Noxus's most influential families, claimed to have unearthed the location of ancient Shurima's greatest treasure. All that the noblewoman required was an experienced tomb robber as an escort.
Noxus人が次に彼女の許を訪れた時、Sivirは驚かなかった。彼女は暗殺者が差し向けられると思っていたのだが、受け取ったのは刃ではなく依頼だった。Noxusで最も影響力のある家の娘であるCassiopeiaが、古代Shurimaで最も偉大な宝がある場所を発見したと言ってきたのだ。この貴婦人の依頼とは、彼女が発掘に同伴することだった。

The expedition proved to be more than Sivir and Cassiopeia bargained for. The ancient tomb held neither the treasure Cassiopeia had promised, nor the weapon she coveted. Despite Sivir's warnings, the Noxian flung open the door to the entombed vault, setting events in motion that would change not just Sivir's life, but all of Shurima forever.
探険行は、SivirとCassiopeiaが予想していたよりも困難だった。古代の墳墓にはCassiopeiaが約束した財宝は見つからなかったが、彼女が欲していた武器が眠っていた。Sivirの警告を無視し、このNoxus人は玄室の扉を開け放った……Shurima滅亡の歴史を変えはしないが、Sivirの人生を変えるだけではない出来事の秘められた扉を。

''What's lost can be found... and sold.''
「失われたものは、見つけることができるわ……売られたものもね」
-- Sivir

情報元:Surrender at 20: 10/11 PBE Update - Sivir Relaunch

2 件のコメント :

  1. Cassiopeiaと絡んでくるとは・・・

    返信削除
    返信
    1. たぶんこの遺跡でSivirはあのブーメランを手に入れたみたいな話なのかなって思うんですが、Asheのストーリーと違って宙ぶらりんで終わっているので、どうにももにょりますね。PBE掲載のLoreから書き足されたチャンピオンも過去にはいたので、ちょっと注意しておきます。Cassとの絡みも気になりますし……このCass、おそらく下半身が蛇になる前の話だよなあ……。

      削除