2013年4月7日日曜日

新ストーリー:Sejuani, the Winter's Wrath


Surrender at 20: 4/2 PBE Update: Trundle and Sejuani Relaunches!より。
ついに豚姫様がリメイクされるようです! Loreも新しくなったそうなので、ざっくりと翻訳いたしました。性能面についてはGame 4 Broke様の記事をどうぞ。

Sejuani was weaned on hardship and reared on barbarity. Where others succumbed to the harshness of the Freljord,she was tempered by it until pain became power,hunger an encouragement,and frost an ally in culling the weak.Through her ordeals,she learned that to thrive in the endless winter,one must become just as cold and unforgiving.In Sejuani's eyes,her followers either have the mettle to endure or the right to die.Once she has conquered the Freljord,she knows that those who survive will form a nation to be feared.
Sejuaniは乳離れするくらいの頃から厳しい環境で育ち、荒々しい養育を受けてきた。他の者がFreljordの厳しい環境に倒れても、痛みが力に、飢えが勇気に変わり、霜が仲間を選り抜くまで彼女は耐え続けた。その試練を通し、この終わりなき冬の中で繁栄を掴むには、誰かが容赦のない冷酷さを身につけねばならないということを彼女は学んだ。Sejuaniによれば、耐え忍ぶ気概を持つ仲間でなければ、死ぬ権利がある。Freljordを征服した暁には、生き延びた者たちにより恐るべき国家が形成されるであろうことを、彼女は確信している。

As a child,the leader of the Winter's Claw watched her tribe's numbers slowly dwindle.Cold and starvation took all but the most resilient.She was the only one of her siblings to survive to her tenth year,leaving Sejuani sure that she too would die in misery.In desperation,she sought spiritual counsel from her tribe's mystic.But the seer did not foretell Sejuani's death. Instead, she prophesized that Sejuani would one day conquer and unite the divided tribes of the Freljord.
彼女が子供の頃、Winter's Claw族の指導者は部族の人口が徐々に減っていくのを座して見ているだけだった。寒さと飢えが人々を痛めつけ、耐えられる者たち以外は皆死んでいった。10歳になる時には、彼女は兄弟姉妹の中で最後の生き残りになっており、たった一人残されたSejuaniは悲嘆に暮れ、自分も死ぬだろうことを覚悟した。絶望の中で、彼女は部族のまじない師に精神的な助言を求めた。しかし、まじない師は彼女の死を予言することはなかった。代わりに彼女は、SejuaniはいずれFreljordの部族を統一し征服するだろう、と予言したのだった。

Armored with absolute faith in her destiny, Sejuani pushed herself to extremes that would have killed anyone without her will to endure. She walked into blizzards without food or furs and trained while frigid winds raked her flesh. She clashed with the strongest warriors of her tribe, one after another, until her legs gave out beneath her. When she assumed leadership of her tribe, Sejuani commanded her warriors to follow her example.Under her rule,the tribe grew stronger than they had ever been.
自分の末路を固く信じ、Sejuaniは誰も生きて帰って来れなかった試練に、生還するつもりなど全くなしに飛び込んで行った。雪嵐の只中、極寒の風が全身に吹きつける中を、食糧も外套もなしに彼女は歩いた。彼女は部族最強の戦士たちと、彼らが全て足元に倒れ伏すまで戦った。部族の指導者と見なされた時、Sejuaniは仲間の戦士たちに向かい、我に続けと命令した。彼女の支配の下、部族は今までになく強く成長していった。

In the end, it was an offer of peace - rather than an act of war - that began Sejuani's campaign of conquest.On the first day of winter, envoys from Ashe's tribe approached Sejuani's camp bearing a gift of Avarosan grain. Ashe's intent was clear: if Sejuani united with her tribe,the Winter's Claw would never go hungry again.To Sejuani,the gift was an insult. In Ashe's tribe, she saw men and women,slight and soft,who preferred to farm instead of fight. Her contempt for them was absolute.
そしてついに、和平の申し出により─戦争行為ではなく─Sejuaniは征服行動を起こした。冬の初めの日、Avarosanの穀物を貢物として持ったAsheの部族の使節がSejuaniの野営地を訪れた。Asheの主張は明解だった。SejuaniがWinter's Claw族を率いて合流すれば、部族は今後決して飢えることはないだろう、と。Sejuaniにとって、貢物は侮辱だった。Asheの部族の男女は痩せており脆弱で、戦いよりも農耕の方が好きなのだ。侮辱は決定的だった。

Sejuani gathered her people and set the grain alight. She proclaimed that Ashe's offer of charity would bring only weakness. Stripping the envoys of their supplies, Sejuani sent them back with a message: the Winter's Claw would prove to the Avarosan that only the strong deserve to survive in the Freljord. As the grain burned behind them,Sejuani rode out with her warband to inflict the first of many painful lessons to come.
Sejuaniは部族の者を集め、その前で貢物の穀物を焼き払った。Asheの施しは我々を弱くするだけだ、と宣言し、使節たちの身ぐるみを剥ぎ、彼らにメッセージを持たせてAsheの許に送り返したのだった。曰く、Winter's Claw部族がFreljordで生き残るにふさわしい最強の部族であることをAvarosanに対して証明する、と。燃える穀物を背に、彼らがこれから教訓として味わうべき痛みの一つ目を負わせるべく、Sejuaniは軍勢を率いて出発した。

''I was cut from the ice, shaped in the storms, hardened in the cold.''
「私は氷から切り出され、嵐により形作られ、寒さにより鍛えられた」
-- Sejuani

2 件のコメント :

  1. those who survive will form a nation to be feared.
    「恐怖により統治する国家」ではなく、「恐るべき国家」ではないでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. ご指摘ありがとうございます。その一文が文法無視で訳されていたので直しました。
      TPSやってフラフラになった頭で深夜に翻訳するのはなかなかに危険ですね。はっはっは。

      削除