2014年3月8日土曜日

和訳:プロのコピーはなぜ上手く行かないのか

Team Dignitasさまに掲載された「プロのコピーはなぜ上手く行かないのか(Why Copying the Pros Doesn't Work)」の訳をお届けします。



Twitch.tvは、様々なビデオゲームの配信に使われる、人気のソーシャルメディア・プラットフォームである。Twitchを使い、プロのLeague of Legendsプレイヤーもそのプレイを配信し、プレイについて注釈を入れてることができる。これはみんなにとって、ゲームそのものと、何がどう働くのかを学ぶ、素晴らしい方法である。けれども、プロのLeague of Legendsプレイヤーのプレイングをそのままコピーしようとすることは、どちらかといえば悪い考えである。ゲームでの成功には結びつかないだろう。


やってはいけないこと:


League of Legendsの各プレイヤーは、それぞれが自分自身固有のプレイスタイルを持っている。したがって、自分のプレイスタイルは、どのプロプレイヤーのものとも異なるものだろう。その上、Leagueの試合は毎試合が完全に異なるものへと変化していくし、試合中ですら全ての状況は異なるものだ。試合中に何が起こるかは、実際に起こるまでわからないのだ。個々の試合に備えるベストな方法とは、自分自身固有のプレイスタイルに自信を持ち、自分がしようとしていることとその根拠を理解することだ。

プロプレイヤーはほとんど常に、プロレベルのプレイヤーを相手にプレイしている。これは一見はっきりしたことに見えるが、以下の点を考慮に入れよう……彼らのプレイ方法、それにその高い技量……彼らが行っていることを、もっと低いELOの試合とはほぼ全く違ったものたらしめているものを、だ。プロプレイヤーが様々なチャンピオンをプレイできるという理由だけで、あらゆる人間が同レベルの技量をもって同じことができるということにはならない。たとえば、高ELOプレイヤーが、Best Riven NAやBest Lee Sin NAのようなトーナメント(訳注:過去行われた、特定のチャンピオン1体で1対1の技量を競い合う大会)で競い合ったことがある。これらのコンテストは、たとえプロプレイヤーであろうとも、同じチャンピオンを使うときに異なるプレイスタイルを持っているということを示したのだ。彼らがやってのける多くの行動をできるようになるためには、そのチャンピオンについての練習、技量、知識が必要になる。

時として、配信で見たプレイをコピーしようとすると、実際には他人の気分を害してしまう可能性がある。全ての配信者が真面目にプレイしているわけではない。そのプレイヤーが真面目にやっているのか、ただ不真面目に「troll」しているのか、見分けるのが困難なこともありうる。配信者が新しいビルドを試そうとしている時もある。そういう場合は、新しいビルドが上手く機能するかはわからない。実験的なビルドは、ある特定の状況では機能するかもしれないが、別の状況では機能しないかもしれない。


やるべきこと:


一方で、一部のLeague of Legends配信者たちは、特定のチャンピオンについて、プレイのコツや、アイテムビルドを教えてくれる。全ての異なる種類のプレイングに対してヒントを教えてくれる良い配信者の例が、Team CurseのJoedat “Voyboy” Esfahani選手である。Voyboy選手は、試合の間ずっとヒントを教え続けてくれる。買うべきアイテム、取るべきルーンやマスタリーといったこれらの有益なヒントは、耳を傾けるべき素晴らしいアドバイスであり、自分のプレイに取り入れるべきだ。プロプレイヤーを観察し、彼らの行動を再現できるのであれば、彼らの習慣の一部を選んで取り入れることは、常に悪いわけではない。自分が行うこと、自分がそれを行う理由を理解することは、良いプレイヤーと猿真似野郎の分かれ目となるのだ。

良い行動を選んで取り入れる簡単な方法は、プロのLeague of Legendsプレイヤーたちがプレイした昔の試合を調べ、効果的だったものと、効果的でなかったものを見極めることだ。LoLkingやmobafireのようなウェブサイトを見ることも有益だ。全てのチャンピオンに対して、プロプレイヤーが書いたガイドもここにある。これらのガイドによって、ゲームプレイとゲーム知識全般を改善することができるだろう。

この話が意味するところは、プロプレイヤーの配信を見ることは、自分のプレイやゲームの総合的な知識の助けになる可能性がある、ということだ。しかし、皆にとって最も重要なことは、彼らのプレイスタイルをコピーしようとしてはいけないということである。プロプレイヤーのコピーに成り下がるのではなく、彼らがやっていることを観察し、なぜその行動をするのかを理解しようと努めよう。そういった知識を、自分自身のプレイに組み入れるのだ。

楽しいサモナーライフを!



原文
Why Copying the Pros Doesn't Work - Articles - Team Dignitas : Professional Gaming Team

※この翻訳記事は、Team Dignitasさまの許諾のもとに翻訳しています。
※この翻訳記事の無断転載は原著の著作権侵害になりますので、お断りしております。

0 コメント :

コメントを投稿