2013年7月10日水曜日

新ストーリー:Master Yi, the Wuju Bladesman

Surrender at 20: 7/9 PBE Update: Lucian & Master Yi Updateより。
公式にMaster Yiのリワークが発表されました。それに伴ってPBEではLoreが新しくなりましたので、翻訳しました。
このストーリーはPBEのものであり、今後実装に伴って変更される可能性があります。


ストーリー

Through the ancient martial art of Wuju, Master Yi tempered his body and sharpened his mind until thought and action became one. Though he chooses to enter into violence as a last resort,the grace and speed with which he wields his blade ensures resolution is always swift. As the last living practitioner of Wuju, Master Yi has devoted his life to finding able pupils to carry on the legacy of his lost people.
古武道Wujuを通し、Master Yiは思考と行動が一つになるまで身体を鍛え上げ精神を鍛え上げた。最後の手段として実力行使を選んだものの、彼の決意が宿った剣は常に優雅かつ敏速である。Wuju最後の実践者として、Master Yiは滅びた自分の民族の遺産を受け継いでくれる伝承者を見つけることに、自らの生涯を捧げている。

Even before Yi mastered Wuju, he was considered one of the most skilled practitioners of the mystical martial art. He would soon prove his mastery when word of a massive Noxian invasion reached his remote village. Yi swept across the battlefields of Ionia, turning back the tide of Noxus's vast infantry with swift and deadly strikes, much to the embarrassment of the Noxian High Command. Recognizing the threat the Wuju disciples posed to their invasion, the Noxians chose to unleash a nightmarish chemical attack on the home of the deadly art. Those who somehow survived the poisonous concoction had their minds twisted beyond repair. Yi's home was left in ruin.
YiはWujuの導師となる以前から、この神秘的な武道の最高の熟練者の一人に数えられていた。Noxusの大侵攻の知らせが彼の辺鄙な村にまで届いた時、彼は自分の技をすぐに披露することとなった。YiはIoniaじゅうの戦場を駆け回り、素早く致命的な攻撃でNoxusの歩兵の大軍を逃げ帰らせ、NoxusのHigh Commandを大いに狼狽させた。Wujuの門弟たちが侵攻を停滞させる脅威として認識されたことにより、Noxusは悪夢のような致死性の化学攻撃を撒き散らすことを選択した。この毒からなんとかして生き延びた者も、回復のしようがないほどに精神を壊されていた。Yiの故郷は廃墟と化した。

At the war's conclusion, Yi returned to the grotesque remains of his village. There he became the attack's final casualty. Slain in spirit, if not in body, Yi clung to the only feeling left within his heart: vengeance. Driven only by his desire to punish those who'd destroyed his home, Yi spent years training in seclusion. He became a deadlier swordsman than he had ever been, but true mastery of Wuju still eluded him.
戦争が終わり、Yiは恐ろしい様相のまま放置された故郷の村へと帰った。彼はその場所を襲った攻撃の、最後の犠牲者だった。精神か身体を殺されていたであろうYiは、自分の心の中に残された唯一の感触にしがみついた……復讐心に。故郷を滅ぼした者に復讐したいという望みにだけ駆られ、Yiは隠遁しつつ修練に数年を費やした。彼は今までになく恐るべき剣士となったが、Wujuの真の極意には到達できないままであった。

At the height of Yi's frustration, a monkey of unusually noble bearing interrupted his training. Standing as straight and tall as a man, the monkey watched and mimicked Yi's movements. Yi shooed the monkey away, but the agile creature took great amusement in turning Yi's own techniques against him. Gradually, Yi felt his anger subside as he sparred with the playful animal, and when the burden of his hatred had fully lifted, he found he had caught the monkey by his tail. Yi then understood that he would never master Wuju so long as he pursued it for vengeance, and as he let go of the monkey, he also released his desire to shed his enemy's blood.
Yiの不満が最高に高まったその時、異様なほどに高貴な一匹の猿が、彼の重苦しい鍛練に割り込んできた。人間のように歩くその背の高い猿は、Yiの動きをよく観察し真似をして見せた。Yiは猿を追い払ったが、このすばしっこい生き物は、Yi自身とは反対に、彼の技術をとても楽しんで吸収していった。楽しい動物と共に練習をすることで、最終的にはYiは自らの怒りが収まっていくのを感じていた。重荷であった自らの憎悪から解き放たれた時、彼はその猿の尻尾を捕まえていたことに気づいた。そしてYiは、復讐心に囚われている限りWujuの極意を習得することはできない、ということを理解したのだった。彼は猿を放し、敵にもまた血を流させたいという欲求をも手放すことができたのだった。

Yi thanked the monkey for showing him what he'd been blind to, and was surprised when the creature actually replied. He wished to learn Yi's art of fighting. It was an odd request, but through it Yi saw his new path: the way to honor the memory of his lost people was to pass their teachings on to a new generation.
Yiは自分の盲目さに気づかせてくれたことに対し、猿に感謝を述べた。すると猿から答えがあり、彼は驚いた。猿はYiの戦闘技術を学びたいと申し出たのだ。おかしな要求ではあったが、Yiは新たな道を見出していた。死んだ者たちの供養とは、民族の技を新しい世代に受け継いでいくことなのだと。

''The edge of the sharpest blade is no match for the calm of the peaceful mind.''
「最も鋭い剣の刃でも、安らかな精神の平安にはかなわないのだ」
-- Master Yi

2 件のコメント :

  1. 彼はその尻尾で猿を捕まえていた~→彼は猿の尻尾を捕まえた~ ではないでしょうか?

    参照としてインターネットの辞書の文章を貼っておきます
    8
    [動作を受ける体・衣服の部分を示して] (人・ものの)…を 《★【用法】 catch,hold,lead などの動詞とともに用い,目的語に「人・もの」を用い,さらに by 以下によってその部分を示す; by の後の名詞には the がつく》.


    用例 He held the boy by the collar. 彼はその少年の襟もとをつかまえた.

    返信削除
    返信
    1. おかしいとは思っていたんですが、推敲するときに見逃していました。
      ご指摘ありがとうございます。

      削除