2013年5月10日金曜日

ストーリー:Aatrox, the Darkin Blade

Aatrox, the Darkin Blade, revealed | LoL - League of Legends
昨日訳したティーザーからの新チャンピオン予告が早速来ました!
Aatrox, the Darkin Blade……名前はアートロクスでいいんですかね。絵からGalioっぽいとか言われてましたが、実際にグラフィックを見てみるとむしろVarusっぽい感じ。邪悪ですね!


ストーリー


Aatrox is a legendary warrior, one of only five that remain of an ancient race known as the Darkin. He wields his massive blade with grace and poise, slicing through legions in a style that is hypnotic to behold. With each foe felled, Aatrox's seemingly living blade drinks in their blood, empowering him and fueling his brutal, elegant campaign of slaughter.
Darkinと呼ばれる古代種族のたった5人の生き残りの一人、伝説の戦士。それがAatroxだ。力ある剣を優雅かつ軽々と扱う彼は、見る者の視線を釘付けにする動作でもって大軍を斬り裂いてゆく。敵を殺すたび、Aatroxの持つ生きているかのような剣はその血を飲み干し、Aatroxの力、残忍さ、そして身にまとう華麗なる殺戮の予感を増していくのだ。

The earliest tale of Aatrox is as old as recorded history. It tells of a war between two great factions remembered only as the Protectorate and the Magelords. Over time, the Magelords won a series of crushing victories, leaving them on the brink of obliterating their sworn enemy forever. On the day of their final confrontation, the Protectorate army found themselves outnumbered, exhausted, and poorly equipped. They braced for inevitable defeat.
Aatroxにまつわる最も古い物語は、遠い過去とされているほど古い。Protectorate軍とMagelords軍の戦争があった、と歴史には記されている。戦争が始まってから時が経つにつれ、不倶戴天の敵であるProtectorate軍を消滅の危機に陥らせるほどに、Magelords軍は連勝を重ねた。最後の対決の日、Protectorate軍は自軍が敵軍より圧倒的に少なく、疲れ切っており、装備も不十分であることがわかっていた。彼らは不可避の敗北を覚悟した。

Just when all hope seemed lost, Aatrox appeared among the ranks of the Protectorate. With but a few words, he urged the soldiers to fight to the last before throwing himself into battle. His presence inspired the desperate warriors. At first, they could only watch in awe as this unknown hero cleaved through their enemies, his body and blade moving in unison as if one being. Soon, the warriors found themselves imbued with a potent thirst for battle. They followed Aatrox into the fray, each fighting with the furious strength of ten until they had won a most unlikely victory.
全ての希望が失われたかと思われたその時、Protectorate軍の兵士たちの中にAatroxが出現した。発する言葉は少なかったが、彼は自らが戦いに身を投じる前に、兵士たちを鼓舞した。絶望しきった兵士たちは、彼の存在により活気づいた。彼らも最初は、謎の英雄のあたかもひとつの生き物のように動く身体と刃が、敵軍を次々と切り裂いていくのをただ見て畏怖することしかできなかった。しかしすぐに、自分たちの中に戦いたいという確かな欲求が芽生えたことに気づいた。彼らはAatroxに続いて戦いを始め、ひとりひとりがそれぞれ十人分にも相当するすさまじい力を発揮し、まず掴むことはないと思われていた勝利を掴むことができたのだった。

Aatrox vanished after that battle, but the Protectorate army's newfound fury did not. Their surprising triumph led to many more until they were able to finally return home victorious. Their countrymen hailed them as heroes, but though they had saved their entire civilization from destruction, darkness lingered in the mind of each warrior. Something within them had changed. Over time, their memories of battle faded, only to be replaced with a grim revelation: their acts of heroism were, in fact, brutal atrocities committed by their own hands.
Aatroxはこの戦いの後に消えてしまったが、Protectorate軍が新たに得た憤怒の力は止まらなかった。この思いがけない勝利を皮切りにして、彼らは母国に帰るまでの数多くの戦いを勝ち続けたのだった。母国の民は彼らを英雄と讃えて迎えたが、崩壊の危機に瀕した都市を救ったにもかかわらず、兵士たちひとりひとりの心には邪悪な何かが残っていた。彼らの心は変わってしまっていたのだ。時が経ち、彼らの戦いの記憶は色褪せて、残酷な事実のみが残った。彼らの行動は英雄的だったが、実際には彼らは自らの手を残虐行為で汚しただけだったのだ。

Tales like these appear among the myths of many cultures. If they are all to be believed, Aatrox's presence has changed the course of some of the most important wars in history. Though these stories remember him as a savior in dark times, Aatrox's true legacy may be a world filled with conflict and strife.
このような神話は多くの文化に残っているのを見ることができる。もしこれらの話を全て信じることができるのであれば、歴史における重要な戦いのほとんどで、Aatroxの存在が戦いの趨勢を変えたと言い得るだろう。苦しい時代においては彼は救世主として記憶されるが、Aatroxが真に残すものは、対立と衝突に満ちた世界なのだろう。

"Some fight for honor, some fight for glory. It matters only that you fight." - Aatrox
「名誉のために戦うものもいる、栄光のために戦うものもいる。大事なのは、汝が戦うということだけだ」- Aatrox

1 件のコメント :

  1. 三日間ほどネットから離れている間にティーザーが発表されていたのはいいとして
    まさかティーザーから一日もしないうちにその新チャンピオンが発表とは…
    とにかく翻訳お疲れ様です!

    返信削除