2013年4月14日日曜日

新ストーリー:Ashe, the Frost Archer

Surrender at 20: 4/12 PBE Patch: Balance Changes, Traditional Sejuani, Remade Freljord Loresより。

With each arrow she fires from her ancientice-enchanted bow, Ashe proves she is a master archer. She chooses each targe tcarefully,waits for the right moment,and then strikes with power and precision. It is with this same vision and focus that she pursues her goal of uniting the tribes of the Freljord and forging them into a mighty nation.
古の氷の魔法がかけられた弓をもって、Asheは自身が熟練の射手であることを証明している。注意深く目標を選び、その瞬間が来るのを待ち、正確でパワフルな一撃を加える。最終目的であるFreljordの部族統一と力強い国家の構築に対しても、彼女は同じ展望を見据えている。

As a child, Ashe was always a dreamer. She marveled at the colossal, abandoned fortresses of her ancestors,and spent hours by the fire listening to tales of the Freljord's fabled champions. Most of all she loved the legend of Avarosan, the renowned Queen of the once magnificent and united Freljord. Though her mother chided her foolishness, Ashe swore one day she would join the scattered and warlike tribes of the tundra.She knew in her heart that if her people would stand together once more,they would reach greatness again.
子供の頃、Asheは常に夢みがちな少女だった。彼女は先祖たちが築いた壮大かつ禁じられた要塞に驚き、何時間も火を囲んでFreljordで名を知られたチャンピオンたちの話を聞いて過ごしていた。彼女の一番のお気に入りはAvarosanの伝説で、かつてのFreljord最高の女王として知られた人物の伝説だった。その熱心さに母親が呆れるのにも構わず、Asheはいつか自分もツンドラに散在する戦闘部族に参加することを誓っていた。民がもう一度団結できれば、偉大なる母国は再び再興することを、彼女は心に固く信じていた。

When Ashe was only fifteen,her mother was killed while commanding the tribe on a brash raid  Suddenly thrust into the role of leader, Ashe made the difficult decision to follow her childhood vision instead of seeking the revenge she craved. She spoke passionately against her tribe's demand for retribution,declaring the time had come to put blood feuds aside and broker a lasting peace.Some of her warriors questioned her fitness to rule and soon hatched a treasonous plot to kill the young leader. The assassins struck while Ashe was on a routine hunt,but their plan was interrupted by the warning cry of a great hawk. Ashe looked back to see her tribesmen approaching with swords drawn.
Asheがわずか15歳のとき、部族の襲撃を指揮していた間に、母親は殺されてしまった。突然指導者の座に押し上げられ、復讐を求める代わりに子供の頃に抱いた夢を追うという、難しい決断をAsheは下した。彼女は報復を求める民を一生懸命に諭し、血を流し続ける戦争をやめ、恒久平和のまとめ役となることを宣言した。彼女の支配者たる資格に疑問を抱いた戦士の一部が、速やかにこの若き指導者の暗殺計画を立てた。暗殺者たちは日課の狩りに出ていたAsheを襲撃したが、大鷹が上げる警戒の鳴き声によって彼らの計画は失敗した。自分の部族の者が剣を抜いてかかってくるところを、Asheは振り向いて目撃したのだ。

Outnumbered and overwhelmed, Ashe ran for hours. She found herself deep in uncharted territory, her weapon lost in the chase. When she heard another cry from the hawk, Ashe put her faith in the strange creature and followed it to a clearing.There she found the bird perched on a pile of stones - an ancient Freljord burial cairn.With a last glance at her,the hawk screeched and flew away.Approaching the mound, Ashe felt her breath turn to frost and an unnatural cold chill her to the bone. The stone at the top of the cairn was marked wit a single rune: Avarosa.
数でも力でも圧倒的な相手から、Asheは何時間も走って逃げ続けた。いつのまにか彼女は知らない場所に迷い込んでおり、追われている間に武器をなくしてしまったことに気づいた。再度鷹の鳴き声を聞き、Ashaはこの不思議な生物を信じ、安全な場所への導きへと従った。そこで彼女が見たのは石造りの建築物─古代のFreljordの墳墓─に留まる鳥の姿だった。彼女を一瞥すると、鷹は高く一声鳴いた後に飛び去って行った。頂上に着く頃にはAsheの息は凍り、不自然なまでの冷気が骨まで凍みるようだった。墳墓の頂上の石には古のルーン文字が一文字彫られていた……Avarosaと。

The assassins burst into the clearing. Ashe lifted the rune stone from the cairn to defend herself,revealing something hidden underneath: an ornate bow carved from ice.She grasped it, crying out in pain as frost formed on her fingers,and tore the bow from its resting place.Cold flowed from the enchanted weapon into Ashe, awakening a tremendous power that had always lived within her. Ashe turned to face the assassins.She drew the bow, and by sheer instinct,willed arrows of pure ice to form from the cold,crisp air.With a single frozen volley,she ended insurrection.Carefully replacing the cairn stone,she gave thanks to Avarosa for hergift,and returned home. Ashe's tribe immediately recognized the legendary weapon in the archer's hand as a blessing from the ancient Freljord queen herself. With Avarosa's bow and her vision of peaceful unification, Ashe's tribe soon swelled,becoming the largest in the Freljord. Now known as the Avarosan, they stand together with the belief that a united Freljord will once again become a great nation.
暗殺者たちが一気に追いついた。Asheは身を守ろうとして墳墓のルーン石を持ち上げると、足下に何か隠されていることに気がついた。そこにあったのは氷から削りだされた華麗な造りの弓だった。それを掴むと、彼女は指が凍りつく痛みに悲鳴を上げたが、安置されていた場所からそれをもぎ取った。魔法の武器から冷気がAsheに流れ込み、彼女の中に眠っていた力を目覚めさせる。Asheは暗殺者たちに向き直った。弓弦を引くと、冷気からパリパリと音を立てて意志を持つかのような矢が生成されるのが直感的にわかった。一発の斉射によって全ての反乱は終わった。そっと墳墓の石を戻すと、彼女はAvarosaとその贈り物に感謝を述べ、帰還した。古代のFreljord女王自身が伝説の武器をこの射手に授けたことは、Asheの部族にたちまち知れ渡った。Avarosaの弓と彼女の平和的統一の夢とともに、Asheの部族はすぐに大きくなり、Freljordで最大の部族となった。今ではAvarosanとして知られるその民は、統一Freljordが再び偉大な国家となることを皆信じている。

''One tribe, one people, one Freljord.''
「ひとつの部族、ひとつの民、ひとつのFreljord」
-- Ashe

5 件のコメント :

  1. 以前と比べてだいぶストーリーの分量増えましたね。
    個人的に弓から鷹が出るのが気に掛かってましたが、このストーリーなら何となく納得できる感じが :3

    返信削除
  2. "another cry" from "the hawk"
    別の鷹ではなく同じ鷹が再び鳴いたのではないでしょうか
    冠詞がtheですし

    返信削除
    返信
    1. 「別の鷹の鳴き声」でもそのように読めると個人的には思いますが、念のため「再度鷹の鳴き声を聞き」と修正しました。

      削除
  3. いつの間にかイラストがついてた!
    Freljordの女王様(候補)かわいい!

    返信削除
  4. 公式にちょっとかっこいいプロモページが出来ていたのに気がついたのでお知らせまで。ご存知でしたら流しちゃってください。
    http://promo.leagueoflegends.com/en/freljord/
    水色のバーを動かすとスクロールするみたいです。
    謎な方向にスクロールもしちゃうみたいです。

    返信削除