2013年2月8日金曜日

Quinn's journal!

「次の新チャンプは『Quinn』?」という話がありましたが、開発スタッフのIronStyrusがフォーラムに投稿したティーザーが話題になっています。Demacia Needs Heroes - New Champion Tease/Info - News - Reign of Gamingより。以下の画像は「Quinn's Journal(Quinnの手記)」と題された2枚の画像です。フォーラムのスレッドはこちら。前文と画像の文章を翻訳してみました。
(2/15)遅れましたが、全画像の翻訳を終わりました。お楽しみください!




それは青と金に彩られた軍隊。それは正義の灯火。それは正義の旗手。それは先陣を切る者たち。

Demaciaは常に邪悪な存在をじっと監視し続ける任を負っているが、国家として新しい脅威に直面している。軍隊は剣と槍を振りかざし、大勢の敵に向かっていくことができるが、たった一人の暗殺者を捕まえることはできるのだろうか? 影と炎で織り上げられた魔法を、大軍だけで逮捕できるのだろうか? そんな卑劣な力を持った存在が戸口で待ち構えているという時、Demaciaはどうやって耐えていけばいいのだろうか?

答えはシンプルだ。新しいチャンピオンの登場は近い。

彼女は新しいタイプの英雄であり、 ある種の新しい精神、新しい方法の体現者だ。軍隊が到達しない、剣の砕かれることのない場所に赴くことができる。

これは彼女の物語だ。彼女の価値は試され、ゆく道は問われ続けるだろうが、彼女は前へと進み続ける。名誉が彼女の行く先を照らすだろう。彼女の信じる正義は揺らがない。彼女が必要とする味方は、勇気だけである。


「王の命令書」
指名手配
Demaciaの正義に反した罪のため
Talon, the Blade's Shadow
間違い。

最優先事項
Noxiaの背信行為の犠牲者として、4人が死んだ。
不注意。 彼のやり方ではない…… ……なぜ警報は鳴らなかった?
王その人への攻撃を企てたものである。
任務:行方を追い、罪人を処刑せよ。
標的は黄金交差路へと歩いて行った。
明確すぎる。
全ての軍を直ちに国境地帯の防衛に向かわせる。
時間の無駄。

Jarvan王子に知らせる必要がある!
王の名において
国王
King Jarvan III


Jarvan IV王子と、Dauntless Vanguard(不屈の先陣部隊)のGarenについて私の意見を記す。Garenは私を信頼していない──報告は見送ろう。
私はDauntless Vanguardが何も見つけられないことを危惧している。
王子は私に自分の直感に従えと仰せられた。
Valと私で今夜出発する。

Garen
 →意地っ張り。規則にしか従わない石頭。
 →真っ当な正義の持ち主。
 →部下からは厚い信頼を寄せられている。
 →ValはGarenを尊重していない。

Jarvan IV王子
 →Demaciaの王子。
 →思っていたような人ではない。

3ページ目以降です。


→黄金交差路
→都市生まれのDemacia人でなければこの場所は見つけられない。
→軍隊はここを通れない。暗殺者が姿を消すには完璧な場所。
街から遠いところにいたため、行くまでに少し時間がかかる。Valは慣れっこだ。


Caleb、私たちはここに戻ってきたよ。ここはあなたを失った場所。あらゆるものが静寂に沈んでる。あの立ち並ぶ木立ちは、あなたが死んだ日とまるで変わらない。私が助けることはできなかったけど、こっち側に通り抜けられれば助かったのに。私たちが小さくて、普通の平民よりも上の人生なんてできないって言われてた頃、二人いっしょにいればそんなこと気にならなかったよね。私たちは生まれ以上のことができるってわかってたし、怖いものなんて何もなかった。あなたが死んで、私は初めて恐怖というものを学んだ。それは、名誉を得る夢を捨てたという意味だったのよ。
でも兄さん、今は夢を思い出したよ。正義を成すために暗殺者を捕まえてから、DemaciaはValと私を頼りにしてくれてる。私たちは前に進むわ。戻れないとしても。
私がこうしているのはCaleb、あなたのためだわ。Valは待ちきれないみたい。もう偵察に向かってる。この子の心には大きな火が燃えてるの。この子のおかげで、私は毎日あなたのことを忘れないでいられる。


栄えある王子、Jarvan IV世殿下へ

私はかの暗殺者を追い、その隠れ家とおぼしき場所を突き止めました。隠れ家は林の中に巧妙に隠蔽されており、見つけられる者は限られていると存じます。Garen率いる軍は以前ここを通過したことがあると私は確信いたしました。
日暮れ時にValが暗闇から強襲をかけました。私は標的の装備がどれほど充実していたか事前に把握できませんでしたが、もし私たちが無警戒の標的を捕まえたとしたら、察知される前に打ち倒すことができるでしょう。もし私が戻らねば、許してほしい、私は一人ではなかったと家族にお伝えいただけるでしょうか。私の傍にはValorがいます。
この男は正義の名の下に捕えられるべきです。

王の名に於いて、
Quinn & Valor


やり遂げた。Valorと私は暗殺者を正義の名の下に捕えた。

私たちの努力が実って、Demaciaの精鋭に対して与えられる最高の栄誉を賜った──Jarvan王子御自らの手から。でも、なんだか違和感を感じる。私は今までの人生の中で、都市のこの地位に登りつめることをずっと夢みてきた。街通りは人ごみで溢れている。夕闇の中にあっても、衛士たちが交わす声が聞こえる。

森の中を歩くときの、踏みしめた落ち葉と土の感触が恋しい。
Valも同じことを感じているみたい。次の任務への準備は万端。私たちはいつでも行ける。


Surrender at 20: First Look at Quinnより
最後のページはQuinnとValorの肖像のようです。
Val(Valor)はQuinnの相棒だったんですね。実装が楽しみな新チャンピオンです!

0 コメント :

コメントを投稿