2012年12月7日金曜日

ストーリーと台詞:Vi, The Piltover Enforcer

Surrender at 20: 12/6 PBE Update: Vi, Snowdown Showdown Skins, and MUCH More!より。今年最後の実装になるチャンピオンだそうです。

※PBEでのアップデート内容につき、今後変更される可能性があります。


ストーリー

To Vi, every problem is just another brick wall to punch through with her gigantic hextech gauntlets. Though she grew up on the wrong side of the law, Vi now uses her criminal know-how to serve Piltover's police force. Vi's brash attitude, abrasive humor, and blatant refusal to follow orders can often infuriate her by-the-books partner, Caitlyn. But even the sheriff of Piltover cannot deny that Vi is an invaluable asset in the fight against crime.
Viの前に立ちふさがる問題というのは全て、彼女の巨大なhextech gauntlet(訳注:機械の籠手)で打ち砕く石壁のようなものでしかない。彼女は犯罪者として育ったにもかかわらず、今やその犯罪に関する知識を生かしてPiltoverの軍警察に勤めている。不作法で向こう見ずな態度、完全に滑っているユーモアセンス、明らかな命令違反といったViの有様は、よく正式なパートナーであるCaitlynを怒らせている。だが、Viの何者にも替えがたい犯罪への対抗力は、Piltoverの保安官にしてみればかけがえのないものなのだ。


As a child growing up in the lawless outskirts of Piltover, Vi learned to rob and cheat to get by. Stealing and stripping hextech hardware gave her the skills of a master mechanic, while life on the streets taught her self-reliance. When she was six, a ragtag group of criminals took a shine to the young delinquent and brought her into their fold. By the time Vi was eleven, she had become a seasoned accomplice, and she relished the thrill of every heist.
Piltoverの外れの無法地帯で幼少時代を過ごしたViは、生きるために盗みやイカサマを覚えて育った。hextechの機械を盗んで解体する行為により、Viはメカニックの達人級スキルを得た。ストリートで暮らした時間が、彼女に自立して生活する術を教えたのだ。彼女が6歳の時、寄せ集めの犯罪集団がこの不良少女を気に入り、仲間として迎え入れた。11歳になる頃には、Viは熟達した共犯者となり、武器を使った強盗のスリルを楽しんでいた。


Vi's attitude changed when a raid on a mining facility went bad. She was forced to decide between fleeing with her crew and trying to save the innocent mine workers from a collapsed tunnel. Vi chose to play the hero. While searching for a way to free the mine workers from the rubble, she discovered a damaged robotic mining rig. Improvising, she wrenched off its huge fists and modified them into makeshift hextech gauntlets. Fitting the heavy weapons to her tiny hands, the young girl flexed her arm and threw a powered punch at the rubble. The force of the blow blasted away the rock. With the workers free to escape, Vi fled the scene.
Viの考えが変わったのは、鉱山施設への襲撃が上手く行かなかったのがきっかけだった。仲間と共に撤退するか、それとも、崩壊するトンネルから何も知らない採掘夫たちを救出しようとするか、彼女は選択を迫られたのだ。Viは英雄になることを選んだ。がれきの中から採掘夫たちを逃がす道を探している間に、彼女は壊れた掘削ロボットを発見した。彼女はその巨大な腕をねじ切り、急ごしらえのhextech gauntletを即興で作り上げた。彼女は小さな手に重い拳を装着し、ぐっと腕をたわめると、がれきに向かって力強いパンチを繰り出した。その一撃は岩を吹き飛ばし、救出された採掘夫たちとViは事故現場を離れることができたのだった。


After that job gone wrong, Vi severed her connection to the crew. She returned to a life of solitary crime, but stole only from other criminals. As the years went by, Vi modified and improved her hextech fists, allowing her to bust up heists and snatch loot with ease. Eventually, word of her notoriety reached Caitlyn, the famed Sheriff of Piltover. Rather than seek Vi's arrest, Caitlyn offered the criminal a way to pay her debt to society: work for the law in Piltover. Vi laughed. To her, a job that let her beat up crooks without forcing her to run from the cops sounded perfect. She immediately accepted. Caitlyn now struggles to keep Vi in line, and Vi treats Caitlyn's orders as mere suggestions, but when they work together, they are feared by all lawbreakers in Piltover. 
この失敗の後、Viは犯罪者仲間たちと縁を切った。彼女は孤独な犯罪者生活に戻ったが、犯罪者からしか盗みを働かなくなった。年が経つにつれ、Viはぶち壊して強奪する行為を簡単にするため、hextech fistを改良調整していった。最終的に、彼女の悪評は栄えあるPiltoverの保安官・Caitlynの耳に届くこととなった。CaitlynはViに対して、逮捕するのではなく社会に対して償いをすることを提案した……Piltoverの法を守るために働くことを。Viはそのおかしさに大笑いした。警察に強制されることなく、悪党どもをぶちのめす仕事というのは、彼女自身にぴったりな仕事と思えたのだ。Caitlynは今やViと肩を並べて戦っており、ViはCaitlynの命令をただのアドバイスだと思っている。だが、彼らが二人で動く時、Piltoverの犯罪者たちは震え上がるのである。


"It's a shame. I've got two fists, but you've only got one face."
「残念だなァ。あたしにゃ二つの拳があるが、あんたの顔にはひとつしか食らわせられねえや」
―Vi 

(訳者より:翻訳の転載、リンクはご自由にどうぞ)


台詞

Vi/Background - League of Legends Wiki - Champions, Items, Strategies, and many more!より。まだ欠けた台詞があるので、追加中もしくは今後追加があると思われます。

Upon selection

  • "Punch first. Ask questions while punching."
    「まず殴れ。質問なら殴ってる間にすりゃァいい」

Attacking
  • "A little smash and grab."
    「ちょっと砕いて引っ掴むのさ」
  • "Here comes the punchline!"
    「いいツッコミだろ!?」
  • "Come on! Resist arrest already!"
    「来いよ! もう逮捕に抵抗してるだろ!」
  • "One girl wrecking crew."
    「解体業者は女の子ひっとりー」
  • "Freeze! Or don't, I don't care."
    「動くな! 動かなくても気にしないけどー」
  • "Put a dent in 'em!"
    「凹ましたらァ!」
  • "Vi, hah, stands for violence!"
    「Viは、そうだな、暴力(violence)のViさ!」
  • "Vi stands for vicious!"
    「Viは悪意(vicious)のVi!」
  • "Vi stands for vice."
    「Viは悪徳(vice)のVi!」
Movement
  • "Here I come to save the day... or wreck it."
    「勝つためにここに来た! ……ぶっ壊すためかも」
  • "They'll never know what hit 'em."
    「何に殴られたかわかんねーだろうなー」
  • "Let's get crackin'."
    「カチ割ろうゼ!」
  • "I'm doing this my way."
    「あたしのやり方でやってるから」
  • "Piltover's finest."
    「Piltover名物さ」
  • "Plan? I don't need a plan."
    「作戦? そんなの要らないし」
  • "Let's get to the fun part!"
    「楽しくやろうゼ!」
  • "Who needs a beat-down?"
    「叩きのめされたいのはどいつだ?」
  • "If you hit a wall, hit it hard!"
    「壁パンするなら、全力でいけ!」
  • "Sometimes you gotta make a door."
    「あんたって、時々、心の扉を閉じちゃうよね?」
  • "I let my hands do the talking."
    「あたしは手で語ることにしてるんだ」
Joke
  • "Hmm, I like your smile. Gives me something to aim at."
    「うーん、あたしゃあんたの笑顔が好きなんよ。笑って? 狙いをつけるから」
  • "I like your smile. Makes a nice target."
    「あんたの笑顔っていいね。素敵な的になる」
  • "We can either do this the hard way, or... Oh wait, no. There's just the hard way."
    「あたしたちならこの難しいやり方でもやれるさ、でも……あれ、待って。難しい方しかなかったわー」
  • "Why can't I get a straight answer? It's always just 'Oh no! Stop hitting me! Ow, my face!'"
    「なんで真っ直ぐじゃダメなんさ?いつもそれで、ってやめて!撃たないで!アーッ、顔が!」
  • "Welcome to the party. Try the punch."
    「パーティーへようこそ! かけつけ一発!」
Taunt
Vi spits on the ground.
Viが地面に唾を吐く。
  • "I've got five reasons for you to shut up."
  • 「あんたを黙らせる理由が5つくらいあるな~」
  • "If I want your opinion, I'll beat it out of you."
    「あんたから意見を聞きたくなったら、叩いて吐かせるから」
  • "I like you as far as I can throw you... not even."
    「放り投げられるくらいにあんたが好き……でもなかったわー」
Taunt while near an enemy Caitlyn
Vi begins to talk with a bad English accent and conjures a cup of tea, takes a sip, and then throws it to the ground.
Viがティーカップを持ち低俗なアクセントの英語で話し始める。お茶を一口啜り、ティーカップを地面に投げ捨てる。
  • "Care for a spot of tea? Or maybe a spot of punch in the face."
    「お茶の染みが気になるって? 自分の顔の青あざを気にしたほうがいいんじゃねーの」
  • "Hey~ look at me~ I`M ON THE CASE~ "
    「ヘーイ見てるゥ~? 捜・査・中 なのよ~ん」
Other
  • "Nice shot, cupcake."
    「ナイスショーット、ケーキちゃん!」
  • "Aww, was that supposed to hurt, Cait?"
    「おわわ、やっちゃっていーの?Cait?」
  • "Nope!"
    「やめてー!」
  • "Yeah! Teamwork!"
    「イェー! チームワークだぜ!」
  • "High five, cupcake!"
    「ハイターッチ、ケーキちゃん!」
  • "Boom! Headshot."
    「どかーん! ヘッドショット!」
Upon using  Assault and Battery
  • "Get dunked!"
    「シュートっ!」
  • "Eat this!"
    「これでもくらえ!」
  • "Boom, baby!"
    「どかーん! べいべー!」
Upon using  Assault and Battery on an enemy Jayce
  • "Hey Jayce! Power slam!"
    「ヘーイ、Jayce! パワースラム!」

0 コメント :

コメントを投稿