2012年12月4日火曜日

ストーリーと台詞:Nami, the Tidecaller

Surrender at 20: Koi Nami Preview + Nami's Loreより、NamiのストーリーがPBEに出たそうなので、翻訳を掲載します。


ストーリー


Nami channels the primal energies of the ocean, harnessing its mystical restorative properties and commanding the raw power of the tides themselves. Though many doubted her, Nami had the bravery and determination to take on a dangerous quest when no one else would. Now her people believe she is the Tidecaller, a chosen one destined to complete a quest essential to the survival of her entire race.
Namiは海の持つ神秘的な回復力を導き出し、波そのものの力を自由に操る。多くのものが彼女を疑ったが、Namiは勇気と決意をもって、かつて他の誰も挑んだことのない危険な使命を引き受けた。今や人々は彼女が種族全員が生き延びるために欠かせない使命を完遂するために選ばれた、Tidecaller(訳者注:潮の呼び手)であることを信じている。

The Tidecaller's sacred duty is to acquire a moonstone, a powerful object found only in the towering reaches of the surface world. Her people, the Marai, rely on the moonstone's light to ward off the terrors of the depths. However, the stone's power lasts only one hundred years. Before its light fades, the Tidecaller must journey into the Great Deep, retrieve an abyssal pearl, and carry it to the surface. There, on the night of the winter solstice of the hundredth year, the Tidecaller makes a ceremonial exchange with a landwalker bearing a moonstone. By trading the pearl for the moonstone, the Tidecaller ensures the survival of the Marai for another century.
Tidecallerの聖なる義務は、水面上の世界に高くそびえる岬でしか見ることのできない、力ある月長石を手に入れてくることである。彼女の守護するMaraiという種族の人々は、深海の脅威を退けるため、この月長石の光を利用している。しかし、この石の力は100年間しか続かない。光が消えてしまう前に、TidecallerはGreat Deepへと旅をし、深淵の真珠を回収して水面へと運ぶ。その場所で、100年目の冬至の夜に、Tidecallerは月長石を持つ陸歩き(訳注:陸上で生きる人々)と儀礼的な交流を行う。真珠を月長石と交換することにより、TidecallerはMaraiの民がさらなる100年を生き延びる保証を得るのである。

However, in Nami's time, as the hundred years drew to a close, no Tidecaller had been found. Without a chosen one to complete the quest, her people would face disaster, but the Marai waited in faith that the Tidecaller would appear. Nami refused to sit idle, insisting that without a Tidecaller to save them, someone had to act. Bravely, she decided to begin the quest herself and ventured alone into the dangerous depths. None expected her to survive, but after six days of battles with untold horrors, Nami returned with the pearl in hand. The Marai hailed her as the new Tidecaller. All that remained was for Nami to journey to the surface and complete the exchange.
しかしNamiの時代では、100年が終わろうとする時にTidecallerは見つからなかった。使命を完遂する選ばれた者なしには、彼女の種族は災厄に直面することとなる。が、Maraiの人々はTidecallerが現れることを信じて待ち続けた。Namiは座って待っていることに耐えられず、Tidecallerなしでも種族を救うことができる、誰かが危険な深淵へ向かわなければならないと主張した。勇敢にも、彼女は自分で使命を果たすべく、たった一人で危険な深淵へと向かったのだ。誰もが彼女の生存を絶望視したが、無数の恐怖を伴った6日間の戦いの後、Namiは真珠を手に帰還した。Maraiの民は彼女を新たなTidecallerとして歓呼の声で迎えた。引き続き、水面上への旅と月長石への交換もNamiの手に委ねられたのであった。

When Nami arrived at the surface, however, she found only an empty shore. She waited for days in a mystic cove, unsure of what to do. In all the legends of the Tidecallers, the bearer of the moonstone had never failed to arrive. Nami faced a choice. She knew the surface world only through tale and rumor, but the survival of the Marai depended upon her. Summoning the tide to bear her ashore, Nami began her search for the moonstone and became the first of her kind to explore the world above the ocean. She left her home behind, and vowed not to return until she had completed the Tidecaller's quest.
Namiが水面上に辿り着いた時、誰もいない岸しか彼女には見えなかった。彼女はどうすればいいかわからず、不思議な洞窟の中で1日を過ごして待った。全てのTidecallerの伝説においては、月長石を持つ者が来なかったことはなかった。Namiは選択を迫られた。彼女はおとぎ話や噂でしか水面上の世界を知らなかったが、Maraiの民の存亡は彼女にかかっている。浅瀬へ向かう波を召喚すると、Namiは月長石の探索を始め、彼女は種族の中で初めて海の上を探検する者となった。彼女は故郷を去ることとなったが、Tidecallerの使命を達成するまでは帰らないという誓いを立てている。


''I am the tide, and I cannot be turned.''
「私は波、打ち寄せてしまったら帰ることはできないの」
-- Nami

(訳者より:翻訳の転載、リンクはご自由にどうぞ)


台詞

台詞はこちらから:Nami/Background - League of Legends Wiki - Champions, Items, Strategies, and many more!

Upon selection
  • "I decide what the tide will bring."
    「潮がもたらすものは私が決めます」

Movement
  • "Quit flopping around."
    「バタバタするのはやめて」
  • "There's always another wave."
    「常に新しい波があるわ」
  • "Swim against the current."
    「流れに逆らって泳ぐの」
  • "I'll find my path."
    「自分の道は自分で見つけるわ」
  • "Sure as the tides."
    「潮流のごとく確かに」
  • "Great, more dry land."
    「すごい、乾いた地がこんなにある」
  • "We are all tied to the ocean."
    「私たちは皆、海と結びついているの」
  • "Ride upon the waves."
    「波に乗って」
  • "Feet are strange."
    「足って変なの」
  • "People and their air..."
    「みんなと、みんなの空気を……」
  • "The softest water wears down the hardest rock."
    「柔らかい水も硬い岩を磨り減らすわ」※訳者注:「涓滴(けんてき)岩を穿(うが)つ」という例えを踏まえたもの?
  • "My people are counting on me."
    「みんなが私を待っているの」
  • "I still hear the song of the sea."
    「まだ海の歌が聞こえているわ」
  • "I will see my home again."
    「再び故郷に戻ってみせる」
  • "My quest beckons."
    「使命が招き寄せるの」
  • "Eww, whale breath."
    「えーっ、鯨の潮吹き」

Attacking
  • "They're puddle monsters at best."
    「せいぜい水たまり程度のモンスターってとこね」
  • "Do not force my hand."
    「私の手をわずらわせないでよね」
  • "The seas are rising."
    「海が迫っているわ」
  • "Wash them away."
    「洗い流しましょ」
  • "Welcome to the deep end."
    「深き終末へようこそ」
  • "Water can heal... or harm."
    「水は癒し……そして害す」
  • "Let the seas reclaim them."
    「海を元通りにしましょう」
  • "Douse 'em."
    「びしょぬれになーれっ」
  • "Have a drink."
    「一杯どうぞ」
  • "Soak it up."
    「吸い取っちゃいましょ」
  • "This is minnow's play."
    「こんなの、小魚の遊びね」
  • "Bottom feeders."
    「深海の生き物だわ」※訳者注:「他人の不幸を食い物にする連中」という意味もある。
  • "The ocean will sweep them away."
    「大海が綺麗に洗い流すでしょう」
  • "The sea has no pity."
    「海は同情をしないの」

Joke

Nami summons three small sharks which swim around her, and makes them jump.
Namiが自分の周りを泳ぎ回る3匹の小さな鮫を召喚し、ジャンプさせる。
  • "Sometimes you're the catch. Sometimes you're the bait."
    「時に罠となり。時に餌となる」
  • "The sea holds fearsome creatures... and them."
    「海には怖い生き物がたくさんいるの……それ以外もだけど」
  • "I moonlight as a shark caller."
    「出番のない時は鮫を呼ぶ人をしてるの」

Taunt

Nami taunts her foe and splashes them with water.
Namiが敵を挑発し、彼らに水のしぶきをかける。

  • "You're in over your head."
    「あなた、深入りしすぎたわね」
  • "Afraid to get your feet wet?"
    「足を濡らすのが怖いの?」
  • "Swim at your own risk."
    「自己責任で泳ぎなさいね」

Upon using  Tidal Wave
  • "Oceans spill forth!"
    「大海の滴りよ!」
  • "High tide!"
    「高波よ!」

Other
  • "Hey, squirt!"
    「ヘイ、おちびさん!」
  • "Cool out, squirt."
    「ちょっと頭冷やそうよ、おちびさん」
  • "Pool party!"
    「プールパーティーよっ!」





2 件のコメント :

  1. 翻訳乙!
    なみちゃんがFizzの彼女って説はガセだったのか…ざんねんだ…
    最後の一文、ナイス訳

    返信削除