2013年3月27日水曜日

ストーリー:Karma, the Enlightened One



Surrender at 20: 3/26 PBE Update: New Trundle Splashより。リワークが予告され、PBEに早速リワークが来ているKarmaですが、Loreが新しくなったとのことです。以下に翻訳を載せます。



Karma is a woman of indomitable will and unbound spiritual power. She is the soul of Ionia made manifest and an inspiring presence on the battlefield, shielding her allies and turning back her foes. A strong leader torn between tradition and revolution, Karma seeks to protect the peace of Ionia – by force if necessary.
不屈の闘志と解放された精神の力を持つ女性、それがKarmaだ。彼女はIoniaの魂の体現者であり、戦場では味方を守り敵を退散させる存在感を発揮する。強き指導者が伝統と革新の間を引き裂いてしまったIoniaで、Karmaは平和を求めている──必要ならば、実力行使も厭わない。

Karma once lived a tranquil life in a small Ionian village. Led by elder monks, the villagers practiced a tradition of benevolent magic and pacifism. Known for her powerful connection to the spiritual realm and beloved as a just mediator amongst her people, Karma embraced these traditions as an essential aspect of the enlightenment sought by all Ionians.
Karmaはかつて、Ioniaの小さな村で静かな生活を送っていた。長老の僧の導きにより、村人たちは伝統的な善と平和の魔法を実践していた。精神領域への強い繋がりを持ち、人々から慕われるまとめ役となっていたKarmaは、これらの伝統を全てのIonia人が探し求める悟りへの到達に欠かせないものとして受け入れていた。

Her inner peace was tested when the armies of Noxus invaded Ionia. While the village's elder monks insisted their peaceful ways would spare them from violence, Karma had heard enough tales of Noxian cruelty to openly question the elders' wisdom. Stern and unmoving, they told her to trust in tradition. When the invaders marched on the village, the elder monks rode out to negotiate a bloodless end to the battle. The Noxian general was offended by their show of weakness and slaughtered the monks himself as he ordered his soldiers to strike the village.
Ionia侵略を開始したNoxusの兵が迫った時、彼女の内的宇宙の平安は試練の時を迎えた。村の長老の僧は、平和的な方法を取れば侵略から逃れることができると主張したが、KarmaはNoxusの残虐さについての話を数多く聞いており、この長老の主張に対して疑問を抱いていた。Noxusの将軍は村人が弱気なのに憤慨し、自ら僧たちを殺し尽くし、配下の兵に村を攻撃するよう命じた。

As the Noxians advanced, the villagers prepared to accept death, bound to their peaceful vows. But Karma would not accept death and instead saw another way: sacrificing a single life to spare many others. To save her people, she drew upon the power within and summoned the full force of her will. A burst of spirit fire emerged from her body and spiraled towards the Noxian general. The flame took the form of twin dragons, the symbol of Ionia itself. It was the first time Karma had ever used her powers to harm instead of protect, and neither she nor the villagers had ever seen anything like it. When the magic subsided, the general had fallen before her and his soldiers had scattered. The opposing forces surrendered to Karma's strength leaving her people, and their traditions, untouched.
Noxus軍が進軍してくると、村人たちは平和の誓いに従って、自分たちの死を受け入れる準備を始めた。しかしKarmaは死ぬことを良しとせず、別の道を見出した。一人の命を代償に、他の命を救う道を。村人たちを救うため、彼女は自らの内にある力を解き放つとともに、全ての意志の力を振り絞った。精神の火が彼女の身体から湧き上がり、その爆発は螺旋を巻きながらNoxusの将軍に向かっていった。その炎は自然とIoniaそのものの象徴である二頭の竜を形作った。これはKarmaが誰かを守るのではなく、害するために初めて力を使った瞬間であり、彼女も村人たちもこのようなものを全く見たことがなかった。魔法が収まった時、将軍は崩れ落ち、配下の兵たちは散り散りになっていた。攻撃しようとしていた軍勢はKarmaの力の前に降伏し、村人とその伝統には触れずに去っていったのだった。

While the war raged on, Karma became a formidable leader of the Ionian resistance, but the conflict did not end when Noxus's armies fled the Ionian shores. Ionia became divided between the resistance fighters who craved vengeance and the monks who demanded a return to spiritual tradition. Karma saw a third path, one that combined the strength Ionia found in war with the peaceful traditions the nation still held dear. She now seeks to return her ravaged land to an enduring peace.
戦争が激しさを増す中、KarmaはIoniaのレジスタンスにとって畏敬の念を起こさせる指導者となっていたが、Noxus軍をIoniaから退かせるまでには至らなかった。報復を望むレジスタンスの闘士と、精神的な伝統への回帰を望む僧たちの間で、Ioniaは二分されてしまっていた。Karmaはその中で第三の道を見つけた……それは戦争によってIoniaが気づいた自らの強さと平和的な伝統を、自国愛のもとに融合させるというものだ。今や彼女は、荒廃した国土を回復し、平和への険しい道を探っている。

''Your spirit is something no one can take from you. Use it wisely.''
「あなたの精神は誰にも奪われることのない、あなたのものです。賢く使うことです」
-- Karma

0 コメント :

コメントを投稿