2013年3月1日金曜日

ストーリーと台詞:Quinn, Demacia's Wings

Surrender at 20: 2/14 PBE Update: Quinn and Valor are here!より。
PBEに早速新チャンピオンが実装されました! 相棒の鷲を肩に乗せたレンジャー、Quinnです。読みは「クィン」、「ヴァラー」ですかね。Valorは勇気という意味です。デマーシアの敵であるノクサスの暗殺者を逮捕する……潜入捜査官といった赴きですね。
ティーザーとして公式フォーラムに投稿された「Quinn's journal(Quinnの手記)」の翻訳はこちら→Quinn's journal!
台詞は情報が入り次第追記します。(3/1追記)台詞と台詞訳を追加しました。(3/4追記)Upon selectionの台詞を追加。
※この情報はPBEのものです。Liveサーバーへの実装に伴い変更される場合があります。


ストーリー

Quinn and Valor are an elite ranger team. With crossbow and claw, they undertake their nation's most dangerous missions deep within enemy territory, from swift reconnaissance to lethal strikes. The pair's unbreakable bond is deadly on the battlefield, leaving opponents blind and riddled with arrows long before they realize who they're fighting: not one, but two Demacian legends. 
QuinnとValorはレンジャーの精鋭チームだ。敵領土内深くに潜入し、速やかに情報収集を行ったのち一撃を加えるという、国家で最も危険な任務を、その弩と爪を駆使して遂行する。このチームの固い絆は、戦場においては一転して脅威となる。敵の目を潰し、何と戦っているのか理解できる前にその身体を矢で蜂の巣にしてしまう。相手は一人ではない。一人と一羽の、Demaciaの伝説だ。

As a young girl, Quinn shared a hunger for adventure with her twin brother. They dreamed of becoming knights, but lived a quiet, humble life in the rural borderlands of Demacia. Together they imagined triumphant battles in faraway lands, seizing glory for their king and slaying foes in the name of Demacian justice. When daydreams alone could no longer satisfy their warriors souls, they embarked on daring wilderness adventures in search of true danger. One such quest turned to tragedy when a terrible accident claimed her brother's life. Overcome with grief, Quinn abandoned her dreams of knighthood. 
かつて、Quinnは双子の兄といっしょに冒険に憧れる少女だった。兄妹は騎士叙勲を受けることを夢みていたが、実際にはDemaciaの国境に近い田舎で慎ましく静かに暮らしていた。遥か遠くの地で行われている輝かしい戦いを、王のために栄光勝ち取ることを、Demaciaの正義の名の下に敵を屠ることを……二人はいっしょになって夢想したものだった。夢だけでは我慢できなくなった兄妹は、真なる危険を求めておそろしい荒野への冒険へと繰り出した。そんなある探索行の最中に悲劇が訪れる……恐ろしい出来事が起こり、兄が命を落としたのだ。悲しみを乗り越え、Quinnは騎士になる夢を断念したのだった。

On the anniversary of her loss, Quinn gathered the courage to return to the scene of the tragedy. To her surprise, she found a wounded Demacian eagle at the site of her brother's death - a rare and beautiful bird long believed extinct. Quinn nursed the fledgling back to health, and as they grew up together, a deep bond formed between the two. She saw the same quality in her newfound friend that had lived within her brother, and so she gave him the name ''Valor.'' The pair found strength in each other, and together they pursued the dream she had once abandoned. 
兄を失ってから1年後、Quinnは勇気を奮い起こして悲しい事故の起こった場所を訪れた。驚いたことに、兄が死んだその場所には傷ついたDemacian eagle(デマーシア鷲)が─長い間絶滅したと思われていた、珍しくて美しい鳥が─横たわっていた。Quinnはその鳥の羽根が生えて体力が回復するまで面倒を見た。彼女と鳥はいっしょに成長していき、その間にはやがて深い絆が結ばれていった。彼女はこの新しい友の中に、兄と同じような気性を感じ「Valor」と名付けた。一人と一羽はお互いの中に力を見出し、彼女がかつて捨てた夢をいっしょに追うことにしたのだった。

The Demacian army had never seen heroes like Quinn and Valor. Their deadly skills quickly set them apart from their rank-and-file peers, but many still had their doubts. How could a common-born girl, even with such a powerful creature at her side, forego years of military training? Quinn and Valor proved themselves on one critical mission, tracking down a Noxian assassin who had evaded an entire Demacian battalion. When they brought him to justice, they finally earned the admiration and respect of their nation. The two now serve as living, fighting icons of Demacian strength and perseverance. Together, Quinn and Valor will stand against any threat to their beloved home.
Demacia軍において、QuinnとValorのような英雄は初めてだった。彼らの恐るべき技能はおおよそ一般人離れしていたが、多くの者がまだ彼らを疑惑の目で見ていた。平民生まれの少女が、いくら力ある生物を従えていたとしても、長い間訓練を重ねてきた軍隊に敵うものか? Demaciaの大隊の追跡をことごとくかわしたNoxiaの暗殺者を逮捕するという、誰も非難できない任務を遂行したことで、QuinnとValorはその力を証明した。暗殺者を正義の名の下に捕えた時、彼らは国家から称賛と敬意を勝ち取ったのだ。そうしてこの一人と一羽は、今やDemaciaの力と安全保障の生ける象徴となっている。QuinnとValorの二人組は共に、愛する故郷に迫る脅威に立ち向かおうとしているのだ。

Most soldiers only rely on their weapons. Few truly rely on each other.
「ほとんどの兵士は自分の武器に頼るわ。お互いを信じて戦えるのは、ほんの一握りの兵士だけ」
--Quinn

セリフ

Quinn and Valor/Background - League of Legends Wiki - Champions, Items, Strategies, and many more!より。


Upon selection

  • "Justice takes wing."
    「翼が駆る正義」



Attacking
  • "Just like hunting thresher geese."
    「thresher geese狩りの要領ね」
    訳注:thresher geeseとはValoranに生息する鋭い翼を持つ肉食性の鳥。
  • "You get the next one, Val."
    「Val、次のをやっちゃって」
  • "Still heart, steady aim."
    「落ち着けば、狙いは揺るがない」
  • "Fly swiftly... kill swiftly."
    「素早く舞い……手早く殺す」
  • "Strike from the sky."
    「空からの一撃よ」
  • "Flush 'em out."
    「敵を狩り出すわよ」
  • "Look Val, snacks."
    「おいでVal、おやつよ」
  • "Stay on the target."
    「目標を維持」
  • "I'll follow your lead, Valor."
    「あなたの導きが頼りよ、Valor」

Movement
  • "Find me a path."
    「活路を拓く」
  • "A bird's eye view is the best advantage."
    「鳥瞰視点こそ最高の有利」
  • "We're in this together."
    「私たちはここに、共に」
  • "Demacia is counting on us."
    「Demaciaは私たちが頼りなのよ」
  • "We've got this covered."
    「見つけた」
  • "Stay alert."
    「警戒を怠らないで」
  • "Buy me some time."
    「時間を稼いで」
  • "Val's stealing all the glory again."
    「Valは全ての栄光を取り戻してくれた」
  • "There's always a trail."
    「痕跡は常に残っている」
  • "Sometimes I swear that bird is just showing off."
    「あの鳥がかっこつけてるだけだって、時々愚痴っちゃうのよね」
  • "I live behind enemy lines."
    「私がいるのは、敵陣の背後」
  • "Stick to the plan, Val."
    「計画通りに、Val」
  • "We Demacians are no easy prey."
    「我々Demacia人はたやすく殺されはしない」
  • "Demacia needs heroes."
    「Demaciaには英雄が必要だわ」

Joke
  • "Who's there? Jarvan who? Uh, Valor!"
    「そこにいるのは誰? Jarvanだって? ああ、Valor!」
  • "Who's there? Fiora who? Valor, that's just mean!"
    「そこにいるのは誰? Fioraだって? Valor、意地悪ね!」
  • "Who's there? Garen who? Yeah, I guess he does say that a lot."
    「そこにいるのは誰? Garenだって? あー、口数が少なすぎるよね、彼」

Taunt
  • "I'd keep my head down if I were you."
    「私があなたの立場なら、頭を低く下げているわね」
  • "I've got friends in high places."
    「私には、高き場所をゆく友がいるわ」
  • "Valor's shadow is the last thing you'll see."
    「あなたが最期に見るのは、Valorの影でしょうね」

Upon using  Blinding Assault
  • "Go for the eyes!"
    「目を潰せ!」
  • "Gouge 'em, Valor!"
    「えぐり出せ、Valor!」

Upon using  Heightened Senses
  • "What do you see up there?"
    「何が見える?」
  • "Need eyes on 'em!"
    「敵を見つけ出せ!」
  • "Eyes in the sky."
    「空からの目」

Upon using  Tag Team
  • "Now!"
    「今だ!」
  • "Valor, to me!"
    「Valor、来て!」

0 コメント :

コメントを投稿