2013年1月8日火曜日

ストーリーと台詞:Thresh, The Chain Warden

Surrender at 20: 1/7 PBE Update: Threshより。
新年早々、新チャンピオンの速報が飛び込んできました。Threshは日本人ぽい発音だと「スレッシュ」でしょうか(チャンピオン名の発音についてはスポットライトを待った方がいいです)。wardenは番人という意味です。(よたろう追記)「獄吏」あたりかな
台詞は情報が入り次第追記します。台詞を追記しました。
※この情報はPBEのものです。Liveサーバーへの実装に伴い変更される場合があります。

ストーリー


Thresh is a twisted reaper whose hungry chains ensnare the souls of the living. A moment's hesitation at the sight of his ghostly visage and there is no escape. He leaves in his wake hollow corpses, their souls ripped loose and trapped in the sickly green light of his lantern. The Chain Warden takes sadistic joy in tormenting his victims, both before and after their deaths. His grim task is never complete, and he stalks the land for ever more resolute spirits to unravel.
Threshは狂った死神で、彼の持つ貪欲な鎖は生者の魂を囚える。ひと目、彼の幽霊めいた顔を見て身がすくめば、最早逃れることはできない。彼の通った後には空っぽになった死体しか残らず、死体から抜き出された魂たちは淡い緑色の光を放つランタンに封じ込められる。鎖の獄吏は犠牲者を苦しめることに嗜虐する喜びを感じている……犠牲者の生前も、死後もだ。彼のおぞましい仕事は終わることなく続いており、もっとたくさんの魂を収穫するために、この地を彷徨い続けている。

Thresh carves careful, deliberate paths through Valoran. He handpicks his targets individually, devoting his full attention to each soul in turn. He isolates and toys with them, gradually eroding their sanity with his twisted, maddening humor. Once Thresh takes an interest in a soul, he does not relent until he possesses it. He then drags those he captures back to the Shadow Isles for an unimaginably dreadful fate. This is his only purpose.
Threshの周到かつ執拗な凶行をまぬがれる場所は、Valoranのどこにもない。彼は標的を一人一人選んでいく時、それぞれの魂に対して平等に最大限の注意を払う。標的を孤立させ弄び、ねじくれてイライラするようなユーモアでもって彼らの精神を蝕んでゆく。ひとたびある魂にThreshが興味を持ったとすれば、それを手に入れるまで彼は休むことはない。彼が収穫した魂たちはShadow Islesに集められ、想像するだに恐ろしい末路を辿ることとなる。それが、彼のただ一つの目的なのだ。

Little is known about the Chain Warden's past, and many of the details live only in nursery rhymes and campfire tales. They tell of a sadistic jailer from centuries past who took great delight in torturing his wards. Patient and brutal, he used a variety of methods to break his victims' minds before their bodies succumbed to his grisly designs. Chains were the jailer's preferred instruments of terror. Their shrill scrape marked his dreadful approach and promised agony to those he visited. His dark reign went unchallenged until his prisoners escaped during a massive riot. They overwhelmed him, and without ceremony or remorse, hanged him from his own chains. Thus began the unlife of the horrible specter known as Thresh, or so the tales go.
鎖の獄吏の過去についてはほんの少ししかわかっておらず、現在わかっている詳細の多くは童謡や民話に伝えられていることである。それらによれば……何世紀も昔、自分が担当する監房に収監された囚人を苦しめることですごく喜んでいる看守がおりました。我慢強く残忍な彼は、犠牲者が肉体的に死んでしまう前に精神を壊そうとして、身の毛もよだつような拷問方法をたくさん使いました。鎖は、犠牲者を恐ろしがらせるために看守が好んで用いた道具です。鎖の輪が擦れ合うキィキィという音は、恐ろしい拷問方法と、犠牲者にやがて訪れる苦痛を示すものでした。そこは、大規模な暴動によって囚人たちが脱走するまでは、彼の揺るぎない帝国でした。囚人たちは彼を打ちのめし、容赦なく無慈悲に、彼を彼自身が使っていた鎖に吊るして処刑しました。こうして今ではThreshとして知られる恐ろしい幽霊の伝説が始まったのです……民話はこう語っている。

Thresh now haunts the land, leaving an aftermath of horror and despair. However, there is a devious purpose behind his dark machinations, and the meager spirits of average men are insufficient. He seeks stronger souls. Only when he has broken the wills of Valoran's most resilient warriors will he finally have what he needs.
Threshは今もこの地に度々現れ、戦争や災害が起こったかのような恐怖と絶望を残してゆく。しかし、彼の暗い陰謀の背後にはどこか裏の目的があるように思われるし、なみの人間から刈り取った魂は、彼の目的に見合ったものではない。彼は強い魂を探し求めている。彼が究極的に必要としているのはただひとつ、Valoranで最も強靱な戦士の意志を挫いた魂である。

"There are few things as invigorating as taking a mind apart, piece by piece."
「バラバラに精神を砕いていけばいくほど、元気になれるのさ」
-- Thresh

以下、Thresh/Background - League of Legends Wiki - Champions, Items, Strategies, and many more!より。


台詞



Upon selection

"What delightful agony we shall inflict."
「苦痛をもたらすことの、なんと甘美なことか」


Attacking

"Writhe, like a worm on a hook."
「もがきたまえ、ピン止めされた芋虫のようにね」
"Nobody escapes."
「誰も逃げられぬよ」
"Death? No... Nothing that simple."
「死?いや……そんなに簡単なものではないよ」
"Come out and play."
「ほらおいで、さあ遊ぼう」
"It's over when I say."
「ぼくが言えば終わりだ」
"Lock 'em up."
「調べてごらん」
"Retching mongrels get the leash."
「吐き気のするような連中はつないでおこうねぇ」
"Any last words?"
「何か遺言はあるかい?」
"Oh yes! It's about to get much worse."
「おお、そうそう! もっといいものになっておくれよぉ」
"No one can save them."
「誰も連中を救えないさ」


Movement

"Ah, the sweet tones of misery."
「ああ、不幸の心地よい調べよ」
"Relax, just let go."
「リラックスして、さあ行こう」
"Me, mad? Haha, quite likely."
「ぼくが狂っている? ハハッ、全くもってその通りさ」
"Hmm, whose mind shall we snap?"
「うーん、心を折る価値があるもんかな?」
"Poor lost souls."
「魂が足りんなぁ」
"Oh the eternity we shall spend together."
「おお、ぼくらはずーっと一緒に過ごすんだよ」
"Flesh is a prison."
「肉体とは牢獄なのさ」
"What is the worth of a soul?"
「魂の価値とは何だろうね?」
"I am the thing under the bed."
「ベッドの下にいるよ」
"Torment comes in so many flavors."
「拷問の味っていうのはさまざまでねぇ」


Joke

"Screaming won't do you any good, but it's music to my ears."
「悲鳴ってのはね、君にはよかぁないかもしれないが、ぼくには音楽みたいなものさ」
"There is life. There is death. And then there is me."
「生があって。死があって。でもって、ぼくがいるのさ」


Taunt

"Ever seen your soul? Would you like to?"
「自分の魂を見たことがないって? 見せてあげようか?」
"You're falling apart... What to do with the pieces?"
「君はバラバラになってゆく……そのかけらをどうしようかねぇ?」


Upon using  Flay

"Round we go!"
「さあ回れ!」
"This way!"
「こっちさ!」


Upon using  The Box

"I own you."
「君はぼくのもの」
"My house, my rules."
「ぼくの庭、ぼくのルール」
"Closing in..."
「閉まるよ……」
"Nowhere to hide."
「隠れるところなんてないさ」


Special

"Going somewhere?"
「どこへ行こうというのかね?」
"Come back!"
「戻っておいでよ!」


Upon using  Death Sentence on an enemy  Nautilus

"Hook, line and sinker!"
「引っ掛けて、繋げて、沈める!」

0 コメント :

コメントを投稿